あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

写真一斉処分祭り、開催しました。

今日まで実家に帰ってて、

昨日はずーっとやりたかった「写真一斉処分祭り」を開催しました。

 

 

f:id:hisamatsuaya:20191011235042j:image

(これはまだ序の口の量)

 

 

 

ぱちぱちぱち👏

 

 

一斉処分と言っても、

「死ぬ間際に見たくなる写真」をテーマに、

絞り込み。

 

 

かつてもある程度は捨てたんだけど、

中学、高校、留学時代、社会人時代、

しかも25歳頃から一眼レフにはまってたりしたから、すごい量で。


(でも当時からフィルムのネガは即捨ててたけどw)

 

 

 

昨日は1日かけて、

結局、100枚程度にまで、選び切りました!

 

 

 

我ながら、よくやった。

 

 

もっと減らしたいから、ブログに載せたりしながら、処分してこうと思うよ!

 


今やらないと、ずーっとやらなそうだからね。

 

 

 


もちろん、見てて、

あーどうしよう。って迷うのもあるんだけど、

今まで全く見てなかったのに、

何を今更?って自分に言い聞かせながら。

 

あーこんなこともあったね。うんうん。って思い出に浸りながら。

 

それに、
これからも色んなこと経験してくしね。

 


心の中にもっとイキイキとした映像もあるしね。

 

 

 

 


でもね、写真に対して、そんなに必要ないかもって思い始めたのは、前にバリ島に旅行に行った時がきっかけで。

 

 

 

ある夕方に、夕陽が綺麗に見えるという海辺に行ったのね。

私が行きたくて。

 

 

 

で、その頃はデジカメ持ってて、綺麗な夕陽を残そうと必死になって撮ってたの。

 

 

 

でも、どうやっても、肉眼で見るその夕陽の美しさは撮れなくて。

 

 

 

 

 

太陽の鮮やかな光。

海に、夕陽が反射して、道のように私目掛けてすーっと伸びてきて、

エメラルドブルーの水面に、オレンジのラインがゆらゆら揺れてる。

 

 

 

も〜、本当に綺麗だったのに、

カメラには一向にそうは、映らない。



(その写真、そのうちここに挿入する。)

 

 

 

あれ?私、何やってるんだろ。

画面見て確認してる暇あったら、肉眼でこの景色目に焼き付けた方が良くない?

 


なんでこの美しい景色を、ファインダー越しにばっかり観てるんだ?

 

 

そう思ったら、写真を撮ろうとしてる時間が、なんだかもったいないような気がしてきて、

 

 

 

この美しい景色を全身で感じることの方が、

写真に収めることより、よっぽど価値があるじゃないか。

 


そここら、その時、カメラで撮るのをやめた。

 

 

それから、夕陽が海に沈むまで、ずーっとずーっと観てた。

 

 

 

ーーーーーーーー

 

 

 

この経験があってから、私の写真を撮ることに対しての捉え方が変わってきて、


一体何のために撮るんだろう、って思うようになったんだよね。

 

 

肉眼で、

その時全身で感じた

その感動に優るものはない。

 

 

 

 

それに、

写真を残すと、実際に観た景色が、

「写真の景色」にすり替わるんだよね。

 

 

思い出が、「写真」の絵にすり替わる。

 

 


もちろん、見てて懐かしいな〜、とか、こんなことあったな〜、行ったな〜って思い返すのは楽しいけど、

写真を手放したとしても、その時に私が経験したことは消えないもんね。

 

そして、これからまた、たくさんのことに出会っていくだろうし。

 

ストレージ空けて、たくさんの未来を迎えたい。

 

 

それに、景色の写真は、プロの写真が1番。それで楽しむわ。

 

 

 

ずっとやりたかったことをして、気持ちがスッキリした。

 

 


ブログに載せたら面白そうと思った写真、残しておきたい記録は徐々に載せてく予定だよ。

楽しみ😍

 

 

 

@と言っても今は娘の写真とかやっぱり撮っちゃう。いつか消す日が来るかもね。(最近ストレージいっぱいですでに消し始めてるけどw 1日1枚に絞ってるよ!)

撮っては消して、撮っては消して。

キャッチ&リリース、みたいなもんやね。