あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

日本人はもっともっと 人に 迷惑かけていい

 

 

 

 

 


昨日の夕方、スーパーのレジに並んでいた時列ができてて、ま

アナウンスで「2番4番レジ、応援頼みます」とか流れて、

空いてたレジに人が来てそしてすぐにお会計が終わった。

 

 

 

日本って混んでるけど、その分、皆(従業員の方々)一所懸命働いてる。

お客様に迷惑がかからないように、少しでも快適にお買い物ができるようにって、パパッと動く。

 

 

 

 


すごいな〜。

 

 

 

 


その時、思い出した光景があって。

 

 

 

フランス行き始めの頃に大型スーパーに行った時。

 

 

 

 


お会計中のレジに、

お客さんが並ぼうとしたら、

レジやってた女の子が

 


「並ぶな!」っていうわけ。

 

 

 

「私、これであがるから他のレジ行って」って。

 

 

 

で、その子はその時お会計中だった人を終えたら、パッとレジ台から降りて、去っていった。

 

 

 

 


その時はフランスに住み始めた直後だったから、

いやー、フランス人、こんなんなのか〜と、びっくりした。

 

 

 

 

 

 

大分ヨーロッパ生活にも慣れてきたころ、

住み始めたベルギー。

 

 

 

 


よく行ってたスーパーにある日行ったら、

 

 

 

まー、レジに長蛇の列ができてたの。

 

 

 

ヨーロッパってのんびりしてるから、待つのには慣れてたんだけど、

 

 

 

レジのおばさんの知り合いだったのか。

お会計、超の〜〜〜んびりとしながら、その人と話してるわけ。

 

 

 

話し込んでる、って感じに私には見えたくらい、

ずっと話してて。

 


後ろに人、たくさん並んでるのに。

気にせず、話し込んでる。

 


おばさん、楽しそうに。

 

 

 

 


流石に驚いたよね。

 

 

 

日本だったらクレームレベルだわ。

あり得ないでしょ!

こんな、マイペース。

 

 

 

お客さんも怒ってないし。

 

 

 

 


なんておおらか!!

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

ずっとドイツに住んでたいとこが帰国して、

久々にドイツに行ったら、「素晴らしい」と感動したことがあったと話しをしてて。

 

 

 

その時、駅の窓口で切符を買ったんだって。

 

 

 

その窓口のおばさんが明らかに不機嫌で、

切符買っただけなのに、すごく態度が悪くて、

明らかにお客にあたるような感じで、ストレス発散してたらしく、

 

 

 

彼女は、

その態度に感動して、「あなた素晴らしい!」と思わず言ったとか  笑

 

 

 

 


ーーーーーーーー

 

 

 

日本って、超ストレス社会じゃん?

迷惑かけちゃいけないからと、

我慢して、

自分の目より、他人の目で、

自分は後に、他人サマはお先に、で。

 

 

 

ストレスが溜まっていくと、

人に優しくもできないし、

イライラするし、

そんな余裕なく、怒りのはけ口うまく出せなくて、

自分が何に怒ってるのかもよく分からなくて、

でも、なんだか毎日イライラしたり、

 


とかってなっちゃうじゃない?

 

 

 

私も20代前半、そんな感じの時、あったよ。

今も、たまにイライラすること、そりゃあるよ。

 

 

 

 

 

 

私たち日本人は、

少し、自分のことを、

後回しにしすぎなんだよ!

 

 

 

 

 

 

いとこがなんで態度の悪いドイツ人に感動したかと言うと

 

 

 

日本って、本音と建前社会というか、

「外面ソトヅラ」って単語があるくらい、

いくら嫌だと思っていても

内心ストレス溜まってても、

本当は怒ってても、

 


「ニコニコ〜」みたいな人が多いじゃない?

 


「ニコニコ〜」ってしてる割には、

その分自分を抑えてるから

余裕なくて、ギスギスしてきちゃったりとか、

 

 

 

そうしなきゃ生きていけない社会、

そんな人が多いのが、見ていて

働いてる時とか  気持ち悪かったんだって。

 

 

 

 


それに比べドイツのおばちゃんは、

何かあったのか分からないが、

 


誰にどう思われようが、その日不機嫌なら、

見ず知らずのお客さんに嫌な思いをさせたとしても、

自分の中にストレスを溜めないような行動を取って、

自分をきちんと守ってる。


誰よりも自分を優先しているその態度に、感動したんだって笑

 

 

 

人に迷惑かけても、自分の世界を守る!

 

 

 


「自分よりも他人」

「他人サマに迷惑をかけない」

「いつも人のことを想う」

 

 

美しい話だけど、

 

 

 

自分の心を殺してまですることじゃ、

まったくない!よね!

 

 

 

自分が我慢してまで、優先することじゃあ、

まったくない!

 

 

 

そんなの、せっかく産まれてきた自分自身に、

失礼だよ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

でも私たちは幼少期から今まで、

 

 

「協調性」とか、

「和を乱さない」とか、

そのうち「連帯責任」とか、

 


とにかく調和を取ることが良しとして育てられてるから、

自分よりも他人、他人、他人って自然になってしまうのは仕方ないけど、

 


その結果として、

 

 

 

「自分自身」と調和取ることを忘れてしまって、、

不機嫌になったり、

結果、心が病んだりする人増えちゃったんだよ。

 

 

他人が怒っても、自分の用事優先。

私はご機嫌に自分の人生生きるわ!

 

そんな姿が、ヨーロッパ人にはあると思う。

 

 

誰にも邪魔させない、人生。

 

 

 


日本人はもっともっと、自分のこと考えて行動して良いし、

自分のために時間を使っていいんだよ。

 

 

あのカルフールでの女の子も、

スーパーのおばさんも、

 

あの時は、「は??!!」って思ったけど、

同時に、「あーなれたら、人生楽しいだろうな」と思ったよ。

 

 

 

「自分のため」に、時間を使って生きている。

 

 

 

 

人の目気にするよりも、

自分の中にある、自分の目をもっと意識して生きよう。

自分のために、生きるのだ。