あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

納得のいく人生

婚活の相談を受けていた時に、

よくある質問の上位にこんなものがあった。

 

 

「私の婚活がうまくいかないのは、両親の中が悪いから、

結婚に対して良いイメージがないからなのかも。」

 

 

確かにそうかもしれない。

 

 

 

 

よく私の母は、こんなことを言っていた(し、今でも言っている)

 

「本当は〇〇したかったんだけど、おばあちゃんに反対されて、、」

「子供が生まれるまでは〇〇だったんだけど、子供が生まれてから△△になった。」とか。。

 

つい先日も新しい帽子をかぶってる私を見て母はこう言ってたよね。

 

「私は帽子が大好きだったんだけど、子供生まれてから被れなくなった(子供=私や弟)。帽子取られちゃうから」

 

 

 

なんじゃそれ!!

 

 

 

かぶりたきゃいまから被れば良いのに、「今更」なんだって。

 

 

 

 

 

まあ、別にね。

 

それで自分が納得してれば良いけどさ、

 

家族を理由に〇〇できなかった。ってどうなの??と思ったのよ。

 

 

 

 

 

例えば、

母親や子供のせいで、

 

 

行動に起こすことが阻害されているのかもしれないけし、

冒頭の件みたく、本当にそれが原因で上手くいかない。。。とかあるのかもしれないけど、

 

 

 

でも、

それが原因で、上手くいかない人生のままでいいの????

 

 

それが原因で、やりたいことできない人生でいいの??

 

 

そんなことで自分の人生を決定づけて本当に良いのか???

 

 

 

 

 

家族のせいにしてると、最もらしく聞こえるけど、

そんなんで本当に納得できる?

 

 

てか、本当に、それ、

それ(家族)のせい???

 

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 

 

こうやって、

私たちは自分が行動を起こさないため、

上手くいくことを自ら止めるために、

他者を理由として、勝手に納得させてしまう傾向がある。

 

 

 

個々の人生だから良いけどさ、

私はそんなのだね。

 

 

 

 

自分が行動しない、

上手くいかないことを、

 

正当化するのは、本当に簡単。

 

 

なんなら、空のせいにすらできちゃうもんね。

 

 

 

私はそんなんじゃもう、納得がいかない。

 

 

全ては自分の内側、頭の中、自分の意識が作り上げてること。

全部は、自分がそうしている、というだけのこと。

 

全ての責任は、この私が担っている。

全ての原因は、この私が持っている。

 

だから 自分次第でどうにでもなるんだ。

 

 

 

だからこそ、

私は「どうしたいか」「何をしたい」のか。

 

そして、私は それを「する」か「しない」か。

 

 

 

これが 全てなんだよね。