あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

「子育ての悩み」

今日は、子供が熱を出して早く寝たから、よーし久々にブログでも書こうーーと思って、開いてみたら、最後に書いたのが、3月24日!!

まるまる3か月間書いてなかったのね!

衝撃でした!!

 

時間が過ぎるのが早くて、驚きです。

 

 

 

では今日は「子育ての悩み」について。

 

 

 

週末に、近所に住んでる主人の友人の奥さん(5歳、3歳、0歳児の母)に、地域のママさんを集めて今度幼稚園で、イベントやるんだけど来ない?と言われました。

 

「何やるの?」

 

「子育ての悩み相談とか!」

 

「悩みか。。」

 

で、この時 気がついた。

 

私、子育て悩みが、ないっぽい。

 

 

 

 

思い返せば、妊娠中に行ったママさんクラス。

出産後の不安をシェアする時間があって、

この時も「やばい、不安がない。」と思って、慌てて前の人が言ったのと同じことを「私も~」って言った。

他の人の不安な話を聞いて、「世の中の人はそんなことが不安のか」と、勉強になった、と思ったくらい。

 

 

生まれてから通ったベビーサインのクラス。

初めての自己紹介の時、私以外の人は皆、悩みと共に自己紹介してて、

私だけフツーに自己紹介したら、助産師もしているその先生に、

「悩みなさそうね。」と言われ

「おかげさまで 今の所は。」と答えた。

 

 

1歳半検診の時も、保健師さんとの面談で、

「お悩みありますか?」と聞かれ、

「今の所 何も思い浮かばないんです。楽天的すぎて すみません。」って、

なにも相談しないことが申し訳ないような気がして、謝っちゃったっつーの。

 

 

思い返せば、知り合ったママ友みたいな人たちと、1日ずつくらい会ったことがあったんだけど、

皆、悩みの話ばかりで、私は「そうなんだー」って聞いてて終わりで。

 

 

そりゃ、それ以来1度も連絡来ないのも納得だわ。

一緒に共有するものがなかったんだから。

 

 

結構皆、起こってないこと心配するもんね。

 

 

 

もちろん、私も、そういうことが頭をよぎることがあるけれど、

考えても仕方ないことだよね。

 

先のことなんてわからないんだから。

とりたてて、「不安」として抽出するほどのことでもない。

 

 

私たちには 目の前で起こっていることを、肯定的に受け入れていくことしか、

できないと思う。

 

 

 

 

で、悩みってさ、

目の前で起こっていることを

「コレは問題だ!コレは解決しないと!」と思った瞬間から、

「悩み」へと変わっていくよね。

 

 

目の前で起こっていることを「あー、そうなんだー。」って、

ただ受け流していれば、それは問題にならないから、

したがって、悩みにすらならない。

 

 

 

 

例えばだけど、

食事に関しただとして、

 

 

うちの子だって、好きなものしか食べないし、

めちゃくちゃこぼすし、

たまに「バーン」とか言って嫌いなもの床に落とすし、

わざとスプーン落として「取って」とか言うし(わざとやった時は絶対に拾わないけどね。)

椅子に立ったりするし。

 

 

でもまあ、別に良いんじゃない?って思ってて。

 

 

f:id:hisamatsuaya:20190625011600j:image

食べた器に水を入れてなにやら真剣にやってますw

床には新品の綿棒たちを出した跡も。。。。

 

 

20歳になっても同じことやってたらさすがに考えるけど、

だってまだ1歳半だしね。

 

 

それよりも、スプーンフォーク使って食べられるようになってすごいなーとか、

もう好き嫌いが出てきて、すごいなーとか、

わざとスプーン落として私の気を惹こうとするなんて1歳半にして賢いな。とか

 

私はそっちにむしろ、感心してしまう。

 

 

マナーだなんだ、っていうけど、大人になってから通うマナー教室だっていくらでもあるのだから、

マナーを教えるのはもう少し先でも良いし、

 

それより今は、食べることを楽しむのが先だし、

好きなもの食べて幸せ感じれる方が先じゃない?

 

というようなことを思うからだ。

 

 

 

でも、人によっては、うちと全く同じ状況でも、

それを問題と捉えてしまって、〇〇できるようにしなきゃ!になって、

そしてそれが「悩み」になっていくよね。

 

 

 

 

悩みなんて、自分が悩まなければ、悩みにならない。

 

子育てだけでなく、すべてのことに言えることだけど、

 

 

私たちに唯一できることは、

目の前で起こっていることを、

ただただ肯定的に受け入れていくことだけだ。

 

 

変えるのは 相手の行動なのではなくて、

目の前の出来事を捉える己自身の目なのである。

 

 

 

あっ、そういや悩みあったw

この秋冬の子供服のサイズ、2歳用するか、3歳用にするか、、2歳用じゃすぐにパツパツになりそうだけど、3歳用じゃ、袖丈長すぎることになるしなー。んー悩む〜。結構これ、真剣な悩みだった_φ( ̄ー ̄ )