あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

アウトプットの重要性

久しぶりの投稿に、PCも前で固まってしまっているのだけど、

みなさん、おげんこ?

 

 

楽シミにしてくれてるのに、いつ訪れてもなかなか更新のないこのブログを読んでくれてる方、本当にありがと。

 

 

 

 

夜寝る前や、お風呂の時などの、ぼーっとしてる時には、

おしゃべりなくらいに、頭の中に文章が出来上がって、

「あ、これ書こう!」「あ、これ書こう!」とでてくるのだけど、

 

いざPCの前に座ると、何をどこから、

いや、どれから書いたら良いかな?とか、わからなくなる。

 

 

ま、いつものことなんだけど。

 

 

で、ここ数ヶ月、月に1回記事 書いてたけど、(書いたうちにも入らないw)

頭の中の情報は、そんなものじゃ追いつかないから、

情報を、外に出してくれと、うるさい。

 

 

しかし、私は書いていない。

特に夜 疲れている時とかは、正直この「アウトプットする」作業が、めんどくさく感じられるのだ。

なぜなら、頭の中のものを自ら取り出して、文字にする アウトプットって、とっても「能動的」な作業じゃない?

 

それに対して、

ただ本を読んだり、ネット見たり、テレビ見たりの 情報を得るだけの インプット という行為は、はっきり言ってとても「受動的」。

だから、していてとっても「楽」なのだ。

 

 

特に夜、疲れていると、もう、ボーとしたいよね。

本読んだり、ネット見たり、の方が、楽で、そっちの行動を選んでしまう。

 

 

昨年の10月くらいに毎日ブログ書こうと思ってやってたけど、あの時は、主人がご飯中にもかかわらず、「ごめん!書くから!」って言って、無理やり自分を奮い立たせて書いてたんだけど 笑

 

 

今のままの生活だと、日中書けないし、日中に「夜書こう」と思っていても、実際夜になるとやる気が起きない。

 

 

そこで、昨日あたりから思いついたのが「朝はやく起きて自分の時間を作る」ということ。

 

そしてブログを書く、ということ。

 

 

需要と供給(インプットとアウトプット)のバランスが取れてないと、何だかより頭が疲れてくるような、そんな感じが最近する。

きっと頭の中が 情報過多になって、ぐっちゃぐちゃになっているからだ。

頭の中の整理が時には大事で。

情報の整理整頓、情報の断捨離をできる唯一の方法が、

アウトプットなんだと思う。

 

 

やっぱり人って、情報を得てばっかりだと、脳が、パンパンになってきちゃうと思うんだよ。

特に、現代社会において、私たちって、実に様々な情報を得ている。

街を歩けば、電車に乗れば、嫌が応にも何かしら、目に入ってくる。

現代社会に生きる私たちは、江戸時代?の人たちの1年分の情報量を、1日くらいで得ているんだって!(うろ覚え)

 

たいして、その頃の時代と 脳とか発達してないのに、だよ?

そりゃー、大変だよね!

 

 

だから、私はそのバランズを取るためにも、ブログを書くって、すごく良いことだと思うんだよね。

 

 

「私には、人に与える情報なんてない。」って今思ったかもしれないけど、

自分にとってのアタリマエの情報って、他人からしたら目カラウロコな情報だったりするんだよ。

(私は、ブログを始めて特にそう思うようになったよ。)

 

 

あなたが日々得ている情報。そして、自分の中にストックしているその情報。

誰かは知りたい と思っている。

知ってよかった、と思う人もいる。

(もちろん、そんなの必要としてない人もいる)

 

 

結果 誰かも喜ぶし、

何よりも 自分のために なる!

 

 

私は、容器の中で出されず終いのところてんのように、今頭の中がパンパンなので、

ちょっとこれからは朝 起きられたらw 朝をアウトプットの時間 にしてみようと思うよ!

 

 

なんかそう決めてみると、ワクワクするね〜♡

こうやってブログ書いたり、何気無いことができるのが、幸せだ!

 

 

追記:

あと、アレもあるよね。

こうやって「今」私が書いていることって、今の自分にとっても必要な情報だから、アウトプットして、改めて自分に対して「視覚化」させる。

そして「視覚化」されると情報が私の考えとして、私の中に、より固定化するような気がする。

流れるに得ていた情報が、私の中で止まって、血肉になる、というか。

 

そういう意味でもやっぱりアウトプットってとっても大事かもね。

 

 

ブログでなくても、ノートに文字化させるのも同じことだね。