あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

まずは願ってみるところから

 

 最近あった、面白い話を書くね。

 

 

以前、お話会をホテルのラウンジでやっていました。

 

でも、今回始めたお話会は、

アットホームな雰囲気で、

まるで家に呼んだ感じでやりたいな、と思って。

 

 

私がいた相談所が

かなり素敵なマンションで、

そこのリビングでカウンセリングしたり、、

座談会みたいなを開いたり、してたんだよね。

 

そのうち家のリビングで、

アットホームな感じでお話会したいな~。

 願いが叶うのなら、

自宅のリビングで、お話会が開けるような家に住みたいな。と思い始めた。

 

でも、もちろん、まだそのような家に住んでるわけではないので、

久々に開いた7月のお話会は、貸しスペースで、家っぽいところを選んでやってみた。

 

 

やってみると、見えるメリット、デメリット。

 

 

ホテルラウンジのメリットは、飲み物が出てきて、

店員さんに写真を撮ってもらえるところ。

デメリットは、人もいっぱいいるし、時間も気にしなきゃいけない。

最近は予約不可のところが多いから、席が空いてないと困る。

 

 

貸しスペースのメリットは、

自分たちだけの空間に居られる。

デメリットは、写真撮ってくれる人もいないし、

飲み物とかも、自分たちで用意して、

後片付けも自分たちでしなくてはいけないところ。

 

 

アシスタント雇って、片付けとか、写真撮ってもらうってのもアリだけど、

まだまだ弱小な感じだからな~、私。

そこまでするのもな~、とか、いろんなこと思ってた。

 

〜〜〜〜

 

そして、8月に使用した、貸しスペース。

 

 

前から気なってたけど、

ローカル線の立地の割には、表参道並みの値段で、ちょっと高めだから躊躇してたんだよね。

でも、8月のお話会の際に、思いっきってそこに決めてみた。

 

 

そして、お話回が始まる2日前、オーナーさんから連絡が来た。 

「当日、ご迷惑でなければ、飲み物をお出ししてもよろしいでしょうか」と。

 

そこのスペースは、

「食器類は一切貸し出しいたしません。」と規約に書いてある。

(最近は、食器使っていいところが、多い。)

ま、そう言ってくれるなら、お願いしようかな、と思って、OKの返信をした。

 

〜〜〜〜〜

 

行ったら、その会場は、1軒屋のリビング。

 

オーナーさんは、個性の強い人のようで(良い意味で。ご本人も承知の上でw)、

完全に、「自分生きてます」的な、オーラが漂う人w

 

私が着くなり、オーナーさんは言う。

「もうね、メール見たときから、感じてたのよ。

良いエネルギーの人が来るって。

私、直感型だから、そういうの、わかっちゃうの。」

 

そして、

「これ、出しちゃおっかな?」って新品のグラスを出してくれたり、

フランス産の珍しい炭酸入り紅茶を飲み物に出してくれたり、

お話会の途中で、お水を注いでくれたり、

なくなれば継ぎ足してくれたり、

「今、撮りたい!」とか言って、スマホで写真撮ってくれたりw

 

 

f:id:hisamatsuaya:20180827002713j:plain

だから8月の会は話してる姿とかがあるw

 



もちろん片付けも「私するから~」ってオーナー自らおっしゃるので、

私は何もせず。

 

そして、お話会が終了後、残って少し話をすると、こういうのよ。

 

「私、ここで(彼女の自宅のリビングで)、誰かのお茶会のサポートするのが夢だったのよ!!」

 

「え?ご自身のじゃなくて? 誰かのをここでやるのが夢なんですか?」

 

「そう。誰かがここでお茶会をして、お茶出しがしたかったノーーーー!

ずっと夢だったのよ!

 

 

 

 

お茶出しすることが夢って、

 

そんなこと アルンデスカ?

 

 

 

そこは、一見サロンっぽい。

オーラソーマ?とか、クリスタルとか、天使さんとかいっぱいあって、

「サロンなさろうとしたんじゃないんですか?」

「うん。でもね、やってないの。」

 

で、いうんだよね。

「何か一緒にやりましょうよ。」

「私お茶出しするから。」ってwww

 

 

何か一緒にコラボじゃなくって、

私が普通にお話し会して、オーナーさんはお茶出し、という意味でのコラボww

 

 

ウケるんですけど!

 

 

 

相変わらず長くなった。

 

 

何が言いたいのかというと、

 

 

・アットホームな雰囲気にするために、自宅のリビングでしたい。

・でも飲み物とか、自分で用意するのは、めんどくさい。

・写真とか取ってくれる人が欲しい。

 

 

と、別に、叶う叶わない関係なく、

「そのうち、こんなことしたいな~」と思っていたことが、

 

  

・アットホームな雰囲気にするために、自宅のリビングでしたい。

  →私の家ではないけど、1軒屋のリビング

・でも飲み物とか、自分で用意するのは、めんどくさい。

  →オーナー自らやりたいと志願。むしろ、夢だったとさえいわれるw

・写真とか取ってくれる人が欲しい。

  →これもオーナーさん、撮りたくなった!とって、撮ってくれる。

 

 

違う形だけど、

叶ってるんですけど。

 

びっくり!Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

 

 

ーーーーーーーーーーー

 

私たちの願いなんて、

上の人たちにしてみたら、本当にちっぽけで、

とりあえず願ってみれば、

なんとかしてくれるんだよね

 

 

 

私に必要だったら、その願いは叶うだろうし、

必要じゃなければ叶わないだけだろうし、

また、タイミングとか、いろいろと見計らってるだろうし。

 

 

まずは

なんでも願ってみる、ところから始めないと、

何にも、始まらない。

 

ということで、

なんでも願ってみるのです。

 

 

その願いは、

あなたが不満に思ったり、

いやだと思ったことの裏側に、

はっついているのです。

 

 

それを見つけていって、

じゃんじゃん、願いましょう!

 

 

 

まずは願ってみるところから

あなたの世界が創られていく!

 

 

それこそ

create your own life  だよ!

 

 

ーーーーーーーーー

10月のお話会は、10/20(土)にやるよ!

あと2週間後じゃんwって今気がついた!

お知らせはlineから!

登録しておいてね!

友だち追加