あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

求めよ さらば 与えられん

この世には、死ぬほど情報があふれてる。

ネットに本にテレビに。

真逆の意見。それぞれを肯定する意見。

 

 

情報に振り回されずに、自分に欲しい情報を引き寄せるには、

 

 

「どんな情報が欲しいのか。」

「どの方向に自分は行きたいのか。」

「どのようになりたい/したいのか」を

自分の中で明確にしないと、

  

必要な情報をキャッチできずに終わってしまう。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

 

子育てしていて気がついたんだけど、

 

 

例えば、同じ子育てしてても、

友人と私とじゃ、それぞれ持ってる情報が、まるで違うんだよね。

 

えー、なんでそんなこと知ってるの?ってお互いがお互いのことを思ったりする。

 

興味の範囲が違うから、

 

情報をキャッチする畑も変わってくる。

 

同じくゼロから始めた子育てなのに、

 

妊娠期間だって、ほぼ同じはずで、

 

情報を得始めた期間なんて大差ないのに、

 

まーーーったく手にしてる情報が違う。

 

 

 

各個人、目指すところが違うと、

集まってくる情報がこれでもかというほど違う ということを、とても見せてくれる。

 

 

 

同じ時代に生まれて、

同じインターネットにつながっていて、

同じテレビ番組が放映されてて、

本屋さんには、同じ本が並んでいて、

amazon には同じものがあるはずなのに、

 

同じ地球にいる限り、同じ情報源のはずなのに、

 

チョイスが違うと、

全く 手にする情報 が変わってくる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

私は受け身ではなく「主体的に生きる」自分で考えて、自分で行動をし、自分で答えを見つける 子供に育って欲しいと思っている。

 

 

 

もし子供(しかもムスメですw)が大きくなって、「私、冒険家になりたいから、一人でアマゾンの奥地に行ってくる!」って言ったら、「わかった。行っておいで!」って、気持ちよく送り出せるような親でいたい、と思っていて。

 

それが私の子育てのモットーなんだけど。(と言ってもまだ10時ヶ月ですがw

 

 

それくらい、子供が自分で何かやりたいことを見つけたら、否定せずに信じている親でありたいし、

また、子供がそんなことを突然言ってもウェルカムな環境を作りたいと思ってて。

 

 

 

 

だから例えば、私は、離乳食スタート時から「手づかみ食べ」ってものをさせているのだけど、

f:id:hisamatsuaya:20180912235249j:plain

離乳食初期からいきなりでっかいブロッコリーを与えられてるウチの子w

 

「能動的になる子育てをしよう」と思ってから、

そのような考えを持ってそれを提唱している情報を、人を介して知ったり、ネットでたまたま見たりする。

 

初めから手づかみ食べさせる 自分で食べる というのも その一環。

 

そして、私はいろんな情報を見ればみるほど むしろさせないことがあり得ないって思うほどに、「手づかみ食べはとても良いことなんだ」と思う情報ばかりを目にするようになった。

f:id:hisamatsuaya:20180912235359j:plain

歯もないのに、、と思うなかれ、歯茎ですりつぶして食べますから!

もちろん、その後の掃除は、そりゃ大変なんだけど、こんなんで主体的に生きるきっかけ作りになるんなら、お安い御用で!

 

 

でも方や、友人で、汚されるのが嫌で、一切手づかみ食べをさせなかった。って人もいる。

 

 

 

私が言いたいのは、

 

どれが 正しい、間違い、良い、悪い、ってことじゃなくて、

 

彼女の子育ての方針に必要のない情報は、必要がないから、それを目にしないままだった。というだけのことで、

 

「必要がない情報だから、彼女の世界に入ってこない」だけ。

 

 

また私の子育ての方針に必要のないものは私も目にしないはずだから、

他の人が持っている情報で各個人が「大事だ!』と思うものを、私が知らない、ということもある。

 

でも知らなくていい。

だって、それは、「必要がない情報だから、私の世界に入ってこない」だけだから。

 

私に必要な情報は、自然と目にして、情報として入ってくるようになってるはずだから。

 

 

 ーーーーーーーーーーーーー

 

 

 必要な情報を手に入れるには、まずは「どうしたいのか」を考えるところからだ。

 

 

 

求めよ、さらば 与えられん!

 

自分が「意識」しているものしか、私たちは目に入らない。

 

自分の求めるものが分からないと、欲しい情報は与えられない、よね。

 

 

 

  

これだけ情報の溢れる時代、

 

その情報を自分に引き寄せる、集めるためには、

 

「私はどうしたいのだろう。」

 

これをクリアにするだけのこと。

 

 

これがないと、

情報に流されてしまい、

あっちこっちに揺らされてしまう。

 

自分の信じる道を作るのは自分自身。

その道を作るには、まず「どうしたいか」

 

これだけを考える。

 

 

これだけを常に考えてれば、自ずと、答えが向こうからやってくる。

 

あなたの求めている人生に誘導してくれるための情報が色んな形で与えられる。

 

 

求めよ、さらば 与えられん!

 

まずは、どうしたいかを、考えよ。

「どうしたいか」に意識を向けてみよう。

 

子育てに限らず、

婚活、人間関係、仕事、なんにでも言えることだよね!

 

 実際に「どうするのか」なんか考えなくてもいい。

「どうしたいのか」さえ考えていれば。

最近、ますますこの「どうしたいのか」を大事にすることのパワフルさを感じてます! 

 

ーーーーーーーーーー 

久松あやのお話会、次回は、

9月 29日(土)に ランチ付き お話会。

10月は、週末(20 or 21)に通常のお話会 予定。

ぜひ、遊びに来てね〜。

明日、9/13  (木)にlineで募集するよ!!

登録しておいてね!

友だち追加