あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

私が40歳で妊娠~出産するまで⑤  ~初めての移植

p>前回までの話

 

私が40歳で妊娠~出産するまで① - あゝ、愛しきわが人生

私が40歳で妊娠~出産するまで② - あゝ、愛しきわが人生

私が40歳で妊娠~出産するまで③ - あゝ、愛しきわが人生

私が40歳で妊娠~出産するまで④ 〜転院 - あゝ、愛しきわが人生

 

 

 

 

1年半、大学病院で不妊治療をしたけど、一向に結果が出なかったので、

2016年の4月に新宿にある、日本でおそらく一番有名な、体外受精専門のクリニックを訪れた。

 

初日は説明を受けて、、とかだったと思う。

 

 

初めて受診してから、1ヶ月後、採卵の日が来た。

 

 

この採卵するまでに来院したのはたったの2回で。

 

 

この病院は、「自然排卵周期」をとても大事にしていて、

過剰な薬の投与はなく、必要最小限に抑えて行う。

これが、本当に私には、良かった。

前回の病院がすごかったこともあり、全くストレスがない!

 

ただ、採卵の前日だったかな?

排卵の時間をコントロールするために点鼻薬を自宅で吸引するくらいで。

 

これなら子供もできそうだ!と思った。

 

 

採卵をした際、卵は2つ取れた。

 

そして、受精できたかどうかを2日後に電話をして確かめるのだが、

 

 

今までの経験上、私はここで「受精」に成功したことがなかったので、緊張しながら電話をした。

 

 

そしたらまるで当たり前のように「受精したのでいついつきてください」と電話口で言われた。

しかも、2つとも受精したので、残りの一つは冷凍保存するとのこと。

 

私は前に何かで「冷凍保存した受精卵は着床する確率が高い。」と見たことがあった。

 

 

この時確か 外出先から電話したのだが、とても嬉しくて、

電話越しで感動して  涙が出たのを  覚えてる。

 

 

そして その受精卵移植の日に、継続個別コンサルを受けてくださってる方との約束と、美容院の予約、両方が入っている時だった。

 

初めて、双方に自らキャンセルの連絡をした。

 

この時のクライアントも、快くキャンセルを受け入れてくれて、とても嬉しかった。

(余談だけど、この時の彼女は結婚をし、偶然、私の子供と一週間違いで出産し子供がいる。今思うとこれも何かのご縁!)

 

 

前の病院で4回採卵しても一度も戻したことのなかった受精卵。

ここの病院では、卵2つとも受精に成功だった!

 

培養技術がすごいとは聞いていたけど、1回目で2つも成功するなんて、本当にすごいや。

 

 

そしてこの時初めて 受精卵を子宮へと移植をした。

 

 

卵を戻したのだ。

 

 

 

翌日はいとこたちとキャンプで出かけたのだが、

卵があると思うと、なんだかお腹の下のあたりが温かいように感じた。

 

 

 

しかし、それは「感じた」だけで、

子宮に戻されたはいいけど、

卵は私のお腹の中で

休まる場所が、見つからなかったのだろう。

 

 

その後の診察で、着床していないことがわかった。

 

 

 

 

そうか。

 

受精したものを移植しただけじゃダメなんだ。

 

 

 

着床しないと意味がないのか。

 

 

 

 

「これだけ医療が進歩しても、妊娠してから出産するまでの確率には、変わりがない。」

 

 

 

あ~、前の病院でそんなこと言ってたな~。

 

 

 

前の病院で、簡単に妊娠しないものとわかった気でいたけど、

どこかで、「病院の技術では?」なんて思ったりしてた。

 

 

でも違った。

 

いくら技術が良くても、

私の体に入ってからが、本番なんだ。

 

妊娠するって、本当に神の領域なんだな。

 人間ごときにコントロールできる問題じゃないんだ。

 

 

そして1度移植したので、子宮を休ませるためにも1回お休みだった。

 

 

次回の検診で様子を見て、凍らせた卵を戻す日を決める。

 

 

 

そして8月のお盆直前に、

2度目の移植をすることが決まった。

 

 

 

ーーーーーーーーーー 

久松あやのお話会、次回は、

9月 29日(土)に ランチ会。

10月は、週末(20 or 21)に通常のお話会 予定。

ぜひ、遊びに来てね〜。

詳細決まったらお知らせは、lineでするよ!

登録しておいてね!

友だち追加