あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

この世に「絶対」なんて方法はない。

先日、知り合いになったお母さんたちと出かけた時のこと。

 

いろんな話をしている中で、離乳食の話になって。

 

 

私は、ちょっと変わった離乳食の方法をしていて、

食べ物をペースト状にせずに、

いきなり固形で(もちろん柔らかく煮たり蒸したりしたもの)与えているという話になって、

 

BLW(Baby-led Weaning)というイギリス発祥の離乳食のあげ方があって、

「食べさせる離乳食」ではなく、「自ら食べる」 ということが大事だということで、

それにこの方が、簡単そうだな。と思ったので、この方法を大いに採用しているのね。

yumih.hatenablog.com

 

 

さらに、私は、おかゆとかもまだ食べさせていなくて。

 

それにもきちんとした理由があって、

 

私は子供が3か月の時から予防歯科に連れて行っているのだけど、そこの先生も離乳食は野菜等を指でつぶせるくらいの硬さのものを与える、と 同じことを言っていて、

お米、お芋等のでんぷん質を与えない理由もあるんだけど、話すと長くなるからまた今度。

  

で、一人のお母さんが、「え!お米あげてない人とか初めて聞いた!そんなんでいいの?衝撃的すぎる!」とえらく驚いてて、

 

「エネルギー源になるもの与えなくて平気なの?」とそのお母さんは言っていたし、これ読んだ子育て中の人も同じこと思ったかもしれないけど、

(理由とか与える時期とかきちんとあるのだけど、長くなるので端折る)

 

そのBLWでも、また予防歯科の先生も、同じことを言っていて。

 

この時期はまだ食べ物を消化できないから、必要な栄養をとるのは、結局母乳 または ミルクからだから、何の心配もいらないのだそう。

 

離乳食の最初の目的で最も大事なのは、「自ら食べる。」「捕食」することであるからだ。

 

 

 

 

ま、離乳食の話は、置いといてーーーーーーーーーー

 

このお母さんが、「なんでそんな斬新な方法をやろうと思ったの?」」という話になって、

ここからが本題なのだ。

 

 

 

 

この世に「絶対」なんていう方法はない!

 

と思っている。

ここが、まず私の出発点で。

 

 

 

 

 

私は、子供が生まれる前から「離乳食面倒くさそう~」って正直思っていたw

 電動の野菜の蒸し器チェックしたりだとか、大変そうじゃない方法を模索していたのね。 

予防歯科に通ってそういう離乳食の指導されたのは、偶然だったんだけど。)

それに結構、離乳食全然「食べてくれない。」って悩んでる人もたくさんいるの見てて、なんか他の方法ないかな〜。と思っていたの。

 

でも、日本で売られている育児書には100%「おもゆから」って書いてあるし、おかゆに慣れてきたら、すりつぶした〇〇みたいなのしか見たことがない。

ペースト状オンリーの指導だよね。

保健所の離乳食指導だって、 100%おもゆからだし。

 

 

 

 

日本のやり方はもうわかった。

でもそれは日本だから、だよね。

 

 

 

そこで、私は、海外はどうなんだろう、ってまず思ったの。

 

 

 

お国が違えば、あげるものなんて全く違うし、

そして見つけたのがBLW離乳食法であって、2011年頃に英国で出た方法で、今、欧州ではこの方が主流になってきているとか、、でさ。

 

なら、やってみよう。と思ったのがきっかけで。

しかも予防歯科でも同じようなことを言われたので、このやり方を採用しよう!と思ったのだ。

 

それにこれは私の母に聞いたんだけど、父方の祖母が戦時中におばさんを育てた時、母乳が出なくて、サツマイモをすりつぶしたのを飲ませていたんだって。

 現代だったらありえないかもしれないけど、でもそのおばさんもう70代まで生きてるし、いろんな方法があって良いんだよね。

 

そして、同じく子育てするなら、私が興味のある方法で、私が気に入った方法で、やりたいと思った方法でやろう。と思ったの。

  

だって、毎日のことじゃない?

 

こうしなきゃいけません!ってやってると、絶対に、苦しくなりそうだしね。

 

 

それが、私が、ちょっと変わった離乳食法に行き着いた理由でした。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

私はこの世に「絶対」なんていう方法はない!

と思っている。

 

 

 

「正解」すらもない!

と思っている。

 

 

あるとするならば、

私がやりたい!と思ったことが、私にとっての「正解」なんだろうし、

その時の私の「絶対」なんだと思う。

 

 

 

100人の人が「絶対にこれが正しいんだよ!正解はこれだよ!君は間違っているよ!」と言ったって、

そこに違和感や、なんか浮かない気持ちがあるのならそれは、

私のとって「正解」ではないはず。

 

 

もしそんなこと言う人いたら、えー私の人生なんで、ほっといてくださいな〜。

今の私の度量ではあなたの言っていることが正しいと思うほど賢くないんですよ〜。って感じで放っておくよねw

 

 

そのBLW離乳食法や、予防歯科の先生の言っていることが100%正しい。かどうかなんて、私もわからないよ。

 

 

でも、私はその 「食べさせてもらう」ではなく「自ら食べる」「捕食する」という考え方自体に共感をし、

子供を育てるに当たって、私が大事にしようと思っていることに通ずるものがあるから、

この方法を採用してみた。ってだけの話で。

 

 

それが今の私にとっての「正解」なだけなんだよね。

 

 

 

 この世に「絶対」なんていう方法はひとつもなく、

もしあるとするのならば、私にとって、その時にピンときた「絶対にこれだ!」と感じるものがあるだけで、

それが私にとっての「正解」になりうる。

 

 

そしてその「正解」は、時間とともに考えが変化したりするだろうけど、

大事なのは「今の私の考え」にフィットしてるかどうか。

 

それだけなんだと思う。

 

 

幻と化してる久松あやのline w

なのに、登録してくださる方、ありがとう〜。嬉しいっです。

7、8月あたりに、何かやるかも。

イベントのお知らせはlineでするよ!

お友達登録はこちら↓

友だち追加