あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

【婚活】こんなところは妥協するな!

昨日は、わたしが以前から違和感を感じていた、妥協と結婚について、書いてみたけど、

 

今日は、婚活において、ここは絶対に譲るな、妥協するなよー!と私が思う点について。

 

 

 

 

婚活で疲れてくるとさ、

はー、早く終わらせたい。

この先の見えない現実から抜け出したい。って思いにかられるよね。

 

だが、ここが、罠。

 

そんな気持ちになっているときだからこそ、絶対に妥協してはいけない点がある。

 

 

 

妥協しない点 その1:成婚退会か否か

 

 

私も婚活していたときありました。

「ねえ、もう交際成立したんだし、このまま退会して付き合わない?」

「もちろん結婚前提で。」

「成婚退会料払うの(仮に30万円とする)バカらしいじゃん」と。

 

 

私はこの時思いましたよね。

「私と結婚するのに30万円ケチってんじゃねー!!」と。笑

 

 

 

 

疲れた女子なら、相手を信じてみよう、とか思っちゃうかもしれないし、

相手の甘い言葉にすがりたくなる気持ちはわかるけど、

 

焦ってる女性ほど、要注意!

  

 

正式にプロポーズされてないのに、「一緒に退会しようよ」なんて言葉には乗ってはいけない。

 

ここは絶対に妥協してはいけない。

 

 

きちんとプロポーズされてから「成婚退会」しよう。

 

 

この手に乗って、退会してしまって、結局その後に別れて、、再度入会するのもお金かかるし、、なんて話、ちらほら聞きます。

 

 

ちなみに私はこんな時にこう言いました。

「私は、成婚退会以外考えていない。プロポーズされて結婚ってなるまで絶対に退会する気はないから、あなたが退会しても私は退会しないし、そうしたらもう、あなたに会うことはない。」と。

 

(その人はと言うと、その後数回デートして、突然音信不通になり、断られて、その後本当に退会したようです。)

 

 

 

 

妥協しない点 その2. 成婚退会までの段取り

 

婚活していると、毎月、お金も収めるし、早く辞めたくなる気持ちもわかる。

でも待って!

成婚退会する前に、以下のことはなるべく済ませよう。

 

私はこれをお勧めしているのですが、

 

  • お互いの両親への挨拶。
  • できれば婚約指輪、結婚指輪の購入、または決定。
  • 入籍の日取り。
  • 式の日取り。
  • 式場の決定。etc

 

 

退会までにできる結婚に向けてのことは何でもしておく。

(ちなみに私は9月にプロポーズされたけど、以上のことを済ませて、退会したのは、1031日でした。)

 

 

 

もちろん誠実な人もいるから、退会してからでもきちんとしてくれる人もいるとは思う。

ケド、

白紙に戻る事もマジであるから。

 

 

「退会してから日取りは決めよう」⇨延ばす意味がわからない。

「退会してから、両親に合わせるよ」⇨延ばす意味がわからない。

「退会してから、両親に挨拶しに行くよ」⇨実際に会ってなんか両親と合わなそう、と言われたら、それまでよ。

 

 

もし、あなたが別にどっちに転がってもいいやっていうのなら、別に相手のペースに合わせてもいいけどさ、

 

自分の希望は、口に出しておこう!

自分の希望を全て相手に伝えることを妥協するな!

 

 

そして、できることはやっておこう。

このまま結婚するつもりでいるのなら、

相手のペースに合わせて、妥協するな!

 

 

 

むしろ、本気であなたと結婚したいと思ってる男性は「わかった!〇〇ちゃんのためなら、すぐに予定組むね!」って、

とっとと、張り切って両親に連絡しちゃったり、

住む場所とか張り切って探しちゃう。

そんなのが、あなたに夢中な本来の男性の姿だと、思う。

 

 

結婚してからのパワーバランスは、

付き合っているときの関係が続きやすい。

  

 

 

 「せっかくこう言ってくれてるし」

「嫌われちゃったらな、、」

「相手が嫌がってるし、、」

「相手に悪いし、、、」

「わたしのわがままだよね。」

とか、

 

あなたの希望を押し殺して相手に合わせて、

あなたのこんな些細な希望も叶えてくれない男性と、結婚して、どーする?!

わがまま聞いてくれない男性と、結婚しても、意味なーいじゃーんw

 

 

初っぱなから妥協してたら、

実際に生活始まったら、

 

 「せっかくこう言ってくれてるし」

「嫌われちゃったらな、、」

「相手が嫌がってるし、、」

「相手に悪いし、、、」

「わたしのわがままだよね。」

 

って、毎日思いながら生活するとか、まさに生き地獄になるアルよ!

我慢と忍耐の結婚とか、ストレス溜まるアルよ!

せっかく婚活して行き着いた結婚生活がそんなんなら、もう、やってられないアルよ!

  

そんな関係のまま、さらに子供でも生まれた日には、ノイローゼになってしまうよ。

 

 

なので、以上の点が、婚活において、「妥協しない」ポイントだと、私は思うのです。

 

 

 

 

 

あれもそうだよ。

 

 

「一度付き合ってみなくてはわからない」⇨ただしたいだけ! 

 

「とりあえず同棲しようよ。」⇨家賃浮いてラッキー!

同棲したって、結婚に合う合わないなんてわからないから。

あれだよ?「子供いる生活どんな感じかわからないから産んでみてから考えようよ。」とか、ありえないじゃん??

それと同等だと思う。

 

 

 モチロン、

恋愛をしたいだけなら、全部良いと思うし反対派しないよ。

選択する自由があなたにはあるからね。

でも、せっかく結婚を目的にわざわざ結婚相談所等で活動しているのなら、そういうことを言う男性には、一線を引く勇気が必要だと思うのだよ。

むしろ、突き放す。(私ならね。)

 

 あと、これを読んで、

「なぜ同棲が意味ないの?」って思う人もいたと思うのだけど(あれ?いないかな?)その理由も書きたくなったので、また明日にでも続きを書く。

 

 

 

 

妥協=対立した事柄について、双方が譲り合って一致点を見いだし、おだやかに解決すること。