あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

未来に繋がるお見合い、その場限りのお見合い

 

お見合いどうだった?と聞いて、
嫌だったところをあげる方は圧倒的に多い。


うんうん。
それはそれでいいよね。


〇〇なのが嫌なのは、分かった。


では、その人がどうだったら嬉しかった?
どうだったら、喜んだ?


と聞くと、答えられない人もほとんど。

 

どうだったら、良かったのか?
考えたことある?


相手の不満ポイントを挙げたら、
では、どうだったら私は嬉しかったんだろう、を考えることが大事。

 


もちろん、会ってその場で終わりだよ。

 


でも、その出逢いを最大限に活かすためには、「ではどうだったら私は良かったのだろう。」と考えることが  大切。

 


むしろその人は、あなたが「私の望むことは何なのだろう」と考えるために、あなたの目の前に現れてくれた、と思ってみよう。

 


せっかくの機会を活かさずして、
「〇〇なところが嫌だった。はい終わり。」では、どんな人であれ、あなたの目の前に現れてくれたせっかくの出逢い、過ごした時間を無駄にしてしまうというもの。



「その場限り」のお見合い、で終わってしまう。

 


そのまま何人に会っても、自分の中の考えが進展しないまま。

 

 


望む未来を想像できない人には、望む未来は来ない。

 

 

あなたの未来に繋げるためにも、
より具体的にあなたの未来を想像するためにも、その人が現れてくれた。

 


あなたの未来に繋げるために、その人とのお見合いがある。

 

 

これを繰り返していくと、自然と、
どんな人も、出逢ってくれて感謝、になってくよね。

 

 

どんな出逢いも、

あなたのために100%活かすためにも、

不満の裏にある「では私は何を望んでいるのか」を、常に考える癖をつけてみよう。

 

 

 


あなたの望む未来に、現実が繋がり始めるよ!