あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。そんな人生を愛するヒントを書き綴る。そして人生を楽しくしたい人に贈る。めんどくさいのはヤメ!何でも面白がって笑ってやろう!時々婚活応援も!

変化が怖い vol.2

人生は、小さな選択の積み重ねで成り立っている。

 

 

どの道を選んでもきっと、

私たち人は、選ばなかった方を選らんでおけばよかったかな?と思うものだと思う。

 

 

だからと言って、毎回選ばなかった方に思いを馳せていても、現実は変わらない。

 

 

 

どの人生を選んでも、

 

最高なこともあるし

最悪なこともあるし、

 

 

どれを選択しても絶対に

 

泣くこともあれば、

笑うこともある。

 

 

悲しむこともあれば、

喜ぶこともある。

 

 

 

変化するのが怖かったのに、

実際に真逆の道を選んでしまって後から「あの時。。」と思っていることがあるかもしれない。

 

けれど人生、いい意味での「諦め」って私は大切だと思う。

 

あの時選んだ道がベストだったんだ!と自分に言い聞かせ、もう一つの選ばなかった道の方は諦め、あの時の選択を信じることや、

あの時選んだ道の中で思いっきり楽しむと決める。ことは、

自分の人生に責任を持って生きることと同意だと思う。

 

 

幸せだと思って生きてる人と常に自分は不幸だと思ってる人の違いって、

ここにあるのではないかな?

 

 

自分の選択に責任を持ち、自分の選んだ道を信じて、

選んだからには、その中でできることをしよう!と日々を、現在を、一所懸命突き進んでいる人は、きっと幸せに生きているように見えるし、実際に幸せなのではないのかな?

 

選ばなかった道のことを思う時間は、「今、何をしようかな?」って今を生きる時間に充ててみる。

過去の選択を後悔するエネルギーは、「今、これやったら楽しいかな?」って今を創造するエネルギーに充ててみる。

 

 

 

 

20代に読んだ私の大好きな岡本太郎の著書にこんなことが書いてあったと思う。

「迷ったら難しい方の道を選べ!」

 

 

危険や不安を感じる道を迷わず選べ!と。

その方が人生として、より面白くなる、と!

いのちがパーっと開くよ、と!

 

 

変化を怖がるのではなく、その変化を楽しもう!

それが人生を楽しくする、幸せに生きるコツだと思う!

 

 

 

そうそうこの本!

20代の頃に読んでかなり感銘を受けました!オススメです!

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか (青春文庫)

 

 

 

 

最近は気まぐれ発信だけどお友達追加大歓迎!↓

友だち追加