あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。そんな人生を愛するヒントを書き綴る。そして人生を楽しくしたい人に贈る。めんどくさいのはヤメ!何でも面白がって笑ってやろう!時々婚活応援も!

どうして婚活してすぐに結婚に至る人と、何年も活動をし続ける人がいるのか。

書きたいことがたくさんああって、

何から書いていいかわからなくてなんとなく書き始めにくかったんだけど、

今日は表題についてのことを。

 

 

これはあくまで私の意見であって、もちろんいろんなケースがあるだろうし、

当てはまらない人もいるだろうから、

世の中にあふれかえった意見の中の一つとして読んでくれればと。

 

 

今まで、お会いした人の中で、もうとっくに結婚した人もいれば、まだ婚活中の人もいる。

 

 

しかも、ここ最近多いのが、

20代終わりから活動していて、気がつけば30代。

そしてそろそろアラフォー(35歳にリーチ)という人。

 

婚活界の黄金期と言われる28歳~32歳に活動しても結婚に至ることができない人って、結構います。

 

だから「年齢が、、」と思っている人、本当に年齢は関係がないです。

 

40代でもすぐに結婚が決まるような人もいれば、

まだ30代前半なのに、誰と会っても先に話がいかない人もいる。

何年やっていても、ただの一度も結婚の話にならない人もいる。

 

 

この違いってなんなのだろう。と私は思ってました。

 

 

確かに一般に婚活界の常識として言われる、

「返信が早い」

「連絡がマメ」

「素直」

「お相手の立場になって考えられる」

 

など、色々とある(実際にそうだと思うけど)

 

 

だいたいにおいて、その人たちがなぜ

「素直」になれず、

「返信」が思うように早くできず、

「連絡がマメ」にできないのか。

他の人たちが言うような「相手の立場になって考える」ことができないのか。

 

 

私はどうしてだろうとずっと考えていたんだよね。

 

そしてその結果、「できない」のではなく、

本人はそのつもりであっても、そう見えないだけってことに気がついた。

 

 

でもいったいなぜそうなってしまうのか。

 

 

根本の部分が大事だよね。

 

 

今日は長くなったので、また続きは書くね。

 

今後はこんな感じで、

結婚していった人たちと、

婚活歴を毎年伸ばし続けている人の違いなども

思いつく限り書いていこうと思うよ。

 

 

 

 

最近は気まぐれ発信だけど。↓

友だち追加