あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。そんな人生を愛するヒントを書き綴る。そして人生を楽しくしたい人に贈る。めんどくさいのはヤメ!何でも面白がって笑ってやろう!時々婚活応援も!

私と ずるさと Q太郎

私、先週、自分のものすごい「嘘」と「ずるさ」に気がついた。

いや〜、「いい人やめる」って言ったらね、

腹黒あやちゃん、たくさん見つけちゃってるのよ。笑

 

 

 

先週、ふとしたことで主人と喧嘩になった。

 

先々週も。

 

 

ホント、スタートはどうでもいい内容。

そして、なんでこんなことで主人は怒るんだろう?って疑問に思ってたんだけど、

その原因がわかったのだ。

 

 

 

まずね、「喧嘩」の基本ね。

喧嘩をする時、怒りが出てくる時って、

言えない「本心」が土台にある。

 

喧嘩や怒りはただの反応であって、

「本心」とは全く関係のないことだったりする。

 

 

その「本心」を言わせるために、

無意識レベルで喧嘩を勃発させるのだ。

 

 

 さらに、

相手が私に投げかけてくる言葉は、「私の思考」とも取れる。。

 

だから、主人が言ってるというよりも、

「私」が言わせている、と考える。

 

 

そして毎回の喧嘩で最後に私が主人に言っちゃうことは

「そんな人の子供は欲しくない。」

 

 

主人は私が嫌がらせで言ってると思っているんだけど、違うの。

本当に、そう思っちゃうの。

こんなんだったら子供はいらん!って絶対に思っちゃうのよ。

 

 

で、なんで喧嘩になったんだろう。

私の言いたいことは何なんだろう

何で子供はいらない!ってこの流れで出てくるんだろう。

 

 

何故こんなことになるのか、じっくり考えてみたのだ。

 

 

そして、この時の私はすごく意地悪な気分だったから、

思いついた反撃は「私の姿を見せない!」。

 

 

なので、私はQ太郎になってみた。

主人を責めるためには、

主人を悲しませるためには、

Q太郎になるしかない! 

 

 

 

「私はいないと思って生きてください!」

「もう、大好きな奥様の姿を見ることはできません!私はQ太郎になりました。」

 

 

f:id:hisamatsuaya:20170126154314j:plain

 

姿を絶対に見せない。ってことで反撃した。 笑

しかも真剣に考えた結果がこれだったからね。

アイディアの乏しい自分を恨むぜ。

 

 

 

 

朝もご飯作らず、お布団から出ず、

でも、ちょっとかわいそうになって、

お布団かぶったまま、

Q太郎のまま、玄関にお見送りに行った。

 

 

 

 

さー、それからQ太郎になった私は必死に考えた。

一体、私の本音はなんなのだろうと。

 

 

なぜ「子供なんかいらない」って言うのだろう。

知ってる人もいると思うけど、

私はここ2年くらい体外受精を何回かしてるのね。

 

 

でもね、正直もう、したくない。

もう嫌なの。

 

 

そのことは、

主人に何回か言ったのだけど、

 

 

「お金は心配しないで。」

「僕は諦められないよ。」

 

 

この言葉がいつも返ってきて、

結局「やめる」って方向にならない。

 

 

なんでかな。

やめたい、と思っているのに、

やめない方向に毎回なる。

私が「体外受精」をすることで生じるメリットを感じてるんだろうな。ってことから考えてみた。

 

 

私たち人間は、滑稽な生き物で、

口では「やめたい。」「このままじゃ嫌なんです。」って言っても、

そこに無意識レベルでメリットを感じていると、

現実は、嫌なはずの「このまま」だったりする。

 

 

それを「相手が言うから」って相手のせいにしたりするけど、

本当の原因はいつだって、「私」の中にあるのだ。

 

 

そして、理由がわかった!

そこには、ズルい私が潜んでいたのだ!

 

 

 

私が体外受精を止められなかった理由

 

 

そ、れ、は、

「体外受精をしている」ということを武器に、免れていることがたくさんあるからだった。

 

 

体が弱る。

手術のある日は、家のこと大いに堂々とサボれる。

主人が心配してくれる。

あやちゃん、頑張ってくれてありがとう。と言ってくれる。

なんか大切にされてる感じがする〜♡

 

それに、それに、

「体外受精」をしているからってことで、好きなように生活できている。

ここの部分が一番大きい。

 

 

 

突き詰めて考えていくと、

 

 

「体外受精」をやめちゃったら、働きに出ろとか、言われたら嫌だ。

今のままがいい。

本当は嫌な「体外受精」をしていることで働きに出ないことが許されてるのではないか。

もし止めたら「働いてよ。」って言われるのではないか。

好きなことばっかりしてるんじゃないよ!って言われちゃうのではないか。

今の快適なこの生活に終わりを告げなきゃいけなくなるのではないか。

もし、本当にやめてしまったら、私はただ遊んでる人じゃないか。

なにもできない人じゃないか。

そんな私を彼が許してくれるだろうか。

そんな自分を許せるのだろうか

 

ここだった!!

 

要は、今の生活を手放したくない!だった。 

 だから「我慢」して体外受精をしていた。

 

 

やめたいのに、やめられなかった理由。

やめたいと嘘吹きながらも、続けてた理由。

 

その上、いつの間にか心のどこかで主人を責め始めていた。

それが喧嘩になって現れたんだ。

 

 

認めたくないけど、見つけてしまった、

腹黒な私の側面を。

ただ純粋に子供が欲しくてしていたんじゃない。

今の生活を手放したくないという損得のためにしていたんだ。

自分にも主人にも嘘をついて。

いやだと思いつつも、我慢してるふりをしながら。

 

 

これに気がついた私はショックだったし、

認めることもイヤだったが認めることにした。

 

 

アタクシ、腹黒、とってもズルいアルよ!

 それに、こんなことのタメに我慢させて、私よ、ごめん。

 

 

 

 

 

 

で、Q太郎がかなり気に入ったので、 

 

Q太郎としての生活を思いっきり楽しんで、ご機嫌を取り戻した腹黒のアタクシ。

f:id:hisamatsuaya:20170127100008j:plain

 

f:id:hisamatsuaya:20170127100017j:plain

 

f:id:hisamatsuaya:20170127100023j:plain

仕事中に奥様はQ太郎になりました!って、画像送っては、嫌がらせして楽しんでたw

知ってます。こんなことに付き合ってくれる人、主人以外にいません!

 

 

 

 

でね、ご機嫌を取り戻した私は、この晩は、勇気を出して全部伝えた。

 

 

お前なんなんだよー、ふざけんな!この腹黒め!俺の気持ちを利用して〜!!

とか言われたらヤダな。。

 

でも、事実だし、きちんと本音を伝えようと、超ドキドキしながら言った。

 

 

体外受精をしたくないことも、

子供がいらないというわけではなくて、単に病院に行くことが嫌だということも、

二人で生きるのも楽しいしそのことも視野に入れて欲しいうことも、

でも病院通いをやめるとしたら損すると思ってた自分のズルさも、

さらには、今までどおり発信を通じて人に会ったりをもっとしたいからもっと好きにしたい、ということも(気をつかってるとこあるのでね)

体外受精をやめて時間の拘束がなくなったからといって働きに行く選択はしない、ということも、

 

(※体外受精ってね、本当に急に「明日〇〇時採卵!」とか「卵戻し2日後の〇〇時で!」とか言われるから、私も今までコンサルとかキャンセルしたことも何回かあるのだ。本当に、会社勤めしながらやる人は大変だと思うよ!敬意!)

 

 

とにかくこの日に気がついたことを全部伝えた。

 

 

かなり、好き勝手放題だけど、受け入れてもらえないかもだけど、

本心を伝えることに意味がある!

 

 

 

そしたらあんなに「諦められない!」と言っていた主人は、

あっさりと、

「もういいよって言おうと思ってたんだ。」と言った。

「これとそれは関係ないから、切り離して考えて。やめたって今までどおりでいいよ」とも。

 

否定されるどころか、

あっさり採用された。。。

 

 

そして、その夜に主人は、

優しい眼差しを私に向けながら

「あやちゃん、二人で生きていこうね!」と、

私をギュッとした。

 

 

 あ〜。

私はその言葉を言って欲しかったんだ!

それを言われるの待ってたんだ。

 

 

 

その言葉を聞いて、嬉しくて私は泣いた。

 

 

 

 

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

相手のせいにしたり、我慢したりしていても、

現実は好転しない。

 

 

私自身も、なんでこの状況にしがみついていたのか分からなかったのだけど、

そこに見たくない「ズルさ」、

知りたくない「本心」とのご対面があった。

 

 

黒いヤツね。 

認めたくない奴ね。 

 

 

「ズルさ」という、自分の弱さを知る。

 自分の「腹黒さ」を認める。

 

そしてそれを伝えてみた。

 

 

体外受精を口実に自分を守るのはもうやめよう。

 

 

 

そんなものがなくたって、好きにすればいいじゃないか、私。

 

 

まだまだ罪悪感なく「好きなこと」を「好きに」していい、と自分に許せてなかったんだな。

ということにもこれを書いていて気がついた。

 

 

 

何してもいいはずなのに!

もー。

まだまだ固定概念がたくさんこびりついてますな。

 

 

手放すことがたくさんだー。

 

 

 

 

f:id:hisamatsuaya:20170126160723j:plain

反撃しながらも、Q太郎ヴァージョンで「L.O.V.E」って送ったのに、「YMCA?」って返信きたからね!

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

今年は「心」を優先してアクティブに!?

ひさまつあやのイベント募集はlineからだよ!

心が軽くなる!と大好評!

友だち追加

 

 

+++++++++++++++++++++++++++

 

★久松あやの記事はリンク、シェア、自由だからしてくれたら、嬉しいのだよ!

 

★久松あやのfacebook(お友達申請してね。承認してるよ!もし承認返しが無い場合は、メッセちょうだいね!)

https://www.facebook.com/hisamatsuaya

 

 ★久松あやのインスタグラム(フォローしてね!基本フォロー返しだよ!もし承認返しが無い場合は、メッセちょうだいね!

 

 

++++++++++++++++++++

 

 

最近ラジオに出演した時の動画!

時間のあるときに見てね!

動いてるよ、私w

 


CrystalBiz 2016 10 11 ON AIR〜ゆりなの部屋(三上友里奈)