あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。そんな人生を愛するヒントを書き綴る。そして人生を楽しくしたい人に贈る。めんどくさいのはヤメ!何でも面白がって笑ってやろう!時々婚活応援も!

【旅・2日目】富山県・立山〜黒部立山アルペンルート/登山編

2016.10.14 富山県、立山2日目

 

朝起きると、寒〜い。

わかるかな?

窓に氷が張ってるの。

しかも、内側ねw 結露をも凍るこの寒さ。

f:id:hisamatsuaya:20161117021836j:plain

 

そして朝食。

アサリのお味噌汁が出てきてびっくり。

富山のお米、新米を使っているのか、

お米がとっても美味しい。

 

f:id:hisamatsuaya:20161117021938j:plain

 

 

さあ、いざ出発。

あまりの寒さと乾燥に、マスク着用。

お腹と背中にホッカイロを貼り付けて、いざ出陣!

f:id:hisamatsuaya:20161117022039j:plain

 

 あっという間に、山荘が下に。

こんな岩道をひたすら登っていく。

目指す頂上までの標高差300M!

f:id:hisamatsuaya:20161117022128j:plain

 

 

今日は、お天気も良くて、富山湾がくっきり。

その奥には能登半島も望めた!

 

f:id:hisamatsuaya:20161117022236j:plain

 

頂上まで頑張る。

 

立山は「立山三山」と言い、

雄山(標高3003M)

大汝山(標高3015M)

富士ノ折立(標高2999M)の3つの山から成り立っている。

 

 

まずは、雄山の頂上へ。

f:id:hisamatsuaya:20161117022336j:plain

 

 

上を見上げれば、雲が綺麗!

f:id:hisamatsuaya:20161117022358j:plain

 

必死なワタクシ

f:id:hisamatsuaya:20161117022411j:plain

 

余裕な主人。

f:id:hisamatsuaya:20161117022519j:plain

 

で、ようやく頂上へ!

f:id:hisamatsuaya:20161117022546j:plain

 

左の鳥居の上にあるのが、本殿であり、頂上。

f:id:hisamatsuaya:20161117022556j:plain

 

f:id:hisamatsuaya:20161117022847j:plain

 

標高3003Mからの景色!

人生初の3000M越えの山ですよ!

f:id:hisamatsuaya:20161117022717j:plain

立山は「立山信仰」を言われ、

見えるは、尾山神社があり、夏の間は宮司さんもいるのだ!

 

 

そしてまた山を下りながら尾根を歩き始める。

f:id:hisamatsuaya:20161117022847j:plain

 

(右は本殿、左は尾根への道。でも、岩だらけで道という道はないw)

 

f:id:hisamatsuaya:20161117023007j:plain

 

こんなのが続く。

f:id:hisamatsuaya:20161117023033j:plain

 

そして、

大汝山 3015M

f:id:hisamatsuaya:20161117023050j:plain

 

 

360度のパノラマの景色!

伝わりきらないのが残念!!

下に見えるは黒部湖。

思えば遠くまで来たもんだ!

f:id:hisamatsuaya:20161117023634j:plain

 

 

はい、そしてまたひたすら歩く。

 

f:id:hisamatsuaya:20161117023810j:plain

 

そして歩く。

f:id:hisamatsuaya:20161117023829j:plain

 

 

ここまでくるとね、もはや地球にいるのではなく、違う惑星に来たような、そんな錯覚に陥る。

f:id:hisamatsuaya:20161117023850j:plain

同じ地球上だとは思えない、不思議な感覚。

 

 

そして見よ!

ようく見ると、人が「点」のようにいるんだよ。

わかるかな?

f:id:hisamatsuaya:20161117023901j:plain

 

人間が「蟻」や「チリ」くらいにしか見えない。

きっと「上の人」たちからしてみたら、

私たち人間って、本当にこのくらいのちっぽけな存在なんだろうな。

その中でもがき、苦しんでいるけど、

きっと、「上の人」たちからしてみれば、大したことナイナイ!

何やっちゃんてんの??

もっと楽しめばいいのに!

もっと遊べヨーーーー!って応援してると聞くけど、本当にそうなんだろうな、なんて思った。

 

 

そして来た、真砂岳。

f:id:hisamatsuaya:20161117024604j:plain

 

くだったのに、また登る。

f:id:hisamatsuaya:20161117145301j:plain

さすがに疲れてストック使用!

 

そして別山へ到着

f:id:hisamatsuaya:20161117145554j:plain

 

ここに来ると剱岳が目の前に!!

剱岳は日本で最も危険だとも言われる山。

多くの登山家が目指す。

(あ、私たち夫婦はチキンなので行きませんケド。)

f:id:hisamatsuaya:20161117145349j:plain

 

 

どれだけ広大なところにいるかというと、

f:id:hisamatsuaya:20161117145704j:plain

 山は近くに行ってもデカイのだーー!

 

で、このあと、この目の前にある道を行くこと30分弱。

f:id:hisamatsuaya:20161117145751j:plain

 

 

 

我々の泊まる「劔御前小屋」へ到着〜〜〜。

ここには「剱岳」を目指す人が大勢来る。

(でも翌朝、寒くて凍結しているので、剱岳(岩肌を登るから滑ると危ないのだ。)に登るのは禁止令が出て、剱岳目当ての登山家は、諦めて下山していった。それくらい、登山者の命も山小屋の人たちは管理してくれているのだ!)

f:id:hisamatsuaya:20161117145817j:plain

劔御前小屋 ホームページ

http://tsurugigozen.com

 

 

 

16時45分にはお夕飯の時間。

f:id:hisamatsuaya:20161117145908j:plain

 でも日の入りが17時10分とかだったから、急いで食べて、

私たちは外に。

 

 

(ほぼ)満月さんが出てきた!

夕日と満月、きれいな組み合わせ♡

f:id:hisamatsuaya:20161117150019j:plain

 

 

小屋の裏の小山に登り、夕日を見る。

富山湾がくっきり。

f:id:hisamatsuaya:20161117150116j:plain

 

 

そしてほぼ満月だったのにもかかわらず、山の上は星がきれい。

f:id:hisamatsuaya:20161117150201j:plain

 

 

この日も消灯21時。

お休みなさい。

 

続く 

 

広告を非表示にする