あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

コミュニケーション下手な人は必読だよ!

わー。これ、コミュニケーションが下手だ。いつも誤解される。って人、必読!
私も含め、
ホント、ちょっとのことで、損してしまうね。

 

facebookで見つけた投稿。

皆にも、シェア!

 

 

 

【ゼッタイ損してるって。損し過ぎだって、オレたち】
出先の妻から「帰るのが遅くなりそう」と電話があったので、
「おまえ今日、仕事、何時に終わるの?」
と訊いた。
 
オレが思っていたのは、
「雨降りそうだから、車で迎えに行ってやろうかと思って」
というヘルプの申し出。
 
何でそんなヘルプを申し出るのかって言うと、

オレ自身の氣持ちが
「雨に濡れながら自転車で帰ってくるの、可哀想で見てられない」
から。
 
なんで見てられないのかって言えば、
 
そりゃ、
「おまえのことが大切だからさ」
な、わけだ。
 
これが『氣持ちを言葉にできない人』の典型例。
 
致命的なコミュニケーションの失敗がここにある。
わかるだろうか? 
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
まず真っ先に『条件の確認』から始めて、次にその『提案』。
『要件』が先で、その背景にある『心』は言葉で伝えないまま、本人の心にあるだけ。
  
(1)「おまえ今日、仕事、何時に終わるの?」(条件の確認)
 
(2)「雨降りそうだから、車で迎えに行ってやろうかと思って」(提案)
 
言語化はココまで↑ 以下↓は心の中に
 
(3)(雨に濡れながら自転車で帰ってくるの、可哀想で見てられない)(私的な氣持ち)
 
(4)(おまえのことが大切だからさ)(本心、愛)
 
これだと、素敵な心は伝わらないまま、
いきなり「探りを入れられた」感と、
「勝手な提案」を押し付けられたかのようになる。
 
『ぶっきらぼう』の典型。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
で逆に、世の中には「いつも素敵なかんじで声を掛けてくる人」ってのがいて、
そういう人は、こんな風に話すんですよ。
 
(4)「おまえのことが大切だからさ」

(3)「雨に濡れながら自転車で帰ってくるの、可哀想で見てられない」

(2)「雨降りそうだから、車で迎えに行ってやろうかと思って」

(1)「おまえ今日、仕事、何時に終わるの?」
 
 




さあ、
悶絶してください、世の『ぶっきらぼう』さん。
 
言ってること、思ってることの、
中身は、おんなじだったんですよ!
 
「素敵なかんじのことが言える人」は、
言葉を、逆から順に出しているだけだった!!
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
『以心伝心』という言葉はあるけど、
地球では基本的には、意とか心とか伝心しないんで、
 
前者(1)→(2)→(3)→(4)タイプの人は、
 
後者(4)→(3)→(2)→(1)タイプと比べて、圧倒的に伝わらないんで、
一事が万事で、かなりの損をしてる。
 
しかも、女性は
後者(4)→(3)→(2)→(1)タイプが大好きで、
前者(1)→(2)→(3)→(4)タイプと一緒に居ると心が見えないのがストレスになってどんどん蓄積されていく。
 
…ってことに氣付いて「ガァァーン」ってショックを受けたのは
もうオレ、41才を迎えてからじゃん。
 
しかも、氣付いたからって、
氣持ちを言葉にする神経回路がなけりゃ、実際にはできない。
 
41才を過ぎてから、この神経回路をゼロから育てていくことに…。
 
なんて遠い道のり…(涙目)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
いわゆる「女ったらし」「人ったらし」とか、
よく売れる営業マンとか、人間関係が得意な人は、
 
しゃべれば自然に後者、
(4)→(3)→(2)→(1)でものを言い、
 
口下手とか寡黙とかぶっきらぼうとかは、
(1)→(2)でものを言い、(3)→(4)は心にしまいっぱなし。
 
心は同じなのに出し方だけで損してる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
一事が万事これなおかげで、
「心が冷たい人」「優しさのないひと」だと思われてしまう
 
あなたの旦那さんは、(1)→(2)((3)→(4))タイプではありませんか?
 
もしあなたに
以心伝心(テレパシー)能力が無いとすれば、
どんだけ長く連れ添ってても、
彼の心のほとんどを(本当は豊かかもしれないのに)
見れてないかも。
 
(氣持ちを言葉にできないオトコたちは、泣くしかないよのぉ…)
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
冒頭の場面で妻に、
「おまえ今日、仕事、何時に終わるの?」
と訊いたら、
返事は、何だったと思いますか?
 
返事は、
「雨をやり過ごしたいし、もうちょっと仕事して帰ることにしたから、今日は遅くなるから先に進めてて。ツーツーツーツー…」…で電話、はい終了。
 
 
もうね、言葉にできたはずの
(2)「迎えに行ってやろうか?」という提案さえも出番なく、
くずカゴへ放り込まれることに。
 
つまり、(1)から順に言葉にする人は、(2)さえも言えない場面がある。
さらに、親切も愛も、伝わってないことが多いとすると、
 
こりゃあ、
この地球では、どれだけの善意や親切や優しさや愛が、
人知れずに葬り去られてることだろう。あぁ…
(遠い目…) 
 
 
(1)→(2)((3)→(4))タイプは、一旦絶望を味わった方がいいかも。
 
(4)→(3)→(2)→(1)でものが言えるように、今からでも訓練した方がいいかもよ。
 
 
ゼッタイ損してるって。
損し過ぎ、評価低過ぎだって、オレたち。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
おさらいしときましょう。
地球では『以心伝心』は無い前提で、
こんな風に話すんですよ。
 
(4)「おまえのことが大切だからさ」

(3)「雨に濡れながら自転車で帰ってくるの、可哀想で見てられない」

(2)「雨降りそうだから、車で迎えに行ってやろうかと思って」

(1)「おまえ今日、仕事、何時に終わるの?」 
 
 
(むっずかしすぎるー、できね~!)
 
 
 須永 豪
 
 
※シェアはご自由に。
このカラクリ、教えてあげてくださいな。
 
 
 
       須永豪・サバイバルデザイン
        〜気配が響き合う空間〜
         http://sunaga.org/

 

 

 

+++++++++++++++++++++++++++

 

お話会は8/15(月)の夜と、16日(火)のお昼になりそうだよ。

先行案内をご希望の方はラインに登録してね。

 

久松あやの公式ライン。お友達になってね♡ 

さらに、ブログには書ききれないことも、書いてくよ!

友だち追加

 

 

今まで皆さんに頂いたパワーとエネルギーをお返しする場にしていくから、

ぜひ、会いに来てね〜♡

元気をチャージして夏を乗り切ろう!

 

 

+++++++++++++++++++++++++++

 

★久松あやの記事はリンク、シェア、一切ご自由にどうぞ。

 

★久松あやのfacebook(お友達申請してね。承認してるよ!)

https://www.facebook.com/hisamatsuaya

 

 

★久松あやのインスタグラム(フォローしてね!基本フォロー返しだよ!)

www.instagram.com