読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。そんな人生を愛するヒントを書き綴る。そして人生を楽しくしたい人に贈る。めんどくさいのはヤメ!何でも面白がって笑ってやろう!時々婚活応援も!

【あや16歳@デンマーク】初めて感じた「日本人」という立場

私ヒストリーはざっくりと終わったので、デンマークでのことも書いてくね。

だって、驚いたこと、たくさんあったから。

なんか、いつ終わるのか心配だけど、なんでも出しちゃうと、決めたのだ!

 

 

ざっくりのびっくりはこっちにも書いてあるよ!

hisamatsuaya.hatenablog.jp

 

 

 

16歳、1993年にデンマークに1年間留学した時のこと。

 

日本は、バブル真っ盛りだった。

 

デンマークは言わずと知れた北欧の国。

 

いわゆる金髪、青い目が、スタンダード。

皆、平均身長は175cmくらいで、日本の私の友達と写ってる写真を見て、「え?日本だとあやって背が高いの??」って、

真顔で驚かれる国。

 

(ちなみに私は164cm)

 

 

 

このデンマークに行ったのは、「AFS」という、高校生のための留学ボランティア団体を通して行った。

www.afs.or.jp

 

 

各国から、デンマークに留学生が集まる。

ステイ先は、デンマークの一般家庭。

 

名乗りをあげた家庭は、ボランティアとして、生徒を受け入れる。

 

 

 

日本からは7人の留学生がいた。

 

7人は飛行機は一緒でも、現地に着いてから、3グループに分かれ各国の人たちと合流して合宿の研修を行ってから、各家庭に行く。

 

その内の5人はグループ1、もう1人は違うグループ2、そして私が入ったグループ3は日本人は私だけだった。

 

アメリカが発祥のこのAFS協会だけあって、アメリカ人が半分を占め、他にも、ニュージーランド、南米の生徒たちもたくさんいた。

 

プエルト・リコ、エクアドル、ウルグアイなど南米の生徒たち、イタリア、スペインなどのヨーロッパの生徒たち。

 

私はその中でスペイン人とアメリカ人の女の子と男の子と仲良くなった。

 

 

 

そして、この時、休み時間になると、皆真顔で聞いてくる。

 

「日本は、ちょんまげ、侍なんでしょ? あなたは普段どんな格好してるの?」

 

「椅子とかテーブルあるの?」

 

「ナイフとフォークって、使うの?」

 

 

 

f:id:hisamatsuaya:20160719174840j:plain

 

 

 

ナイフとフォークなんて、生まれた時からありますよ!

ちょんまげなんか、生で見た事、ありませんよ!

日本、なんならおたくの国より最先端かもしれないのに、何言ってるノ????

 

この質問には、本当にびっくりした。

この頃はまだそんな認識しかされない時代だった。

 

今は、インターネットもあるし、日本のヨーロッパでの地位たるや高くなったのは、本当につい最近の話なのだ。

 

 

 

この会話もデンマーク人でも他の国の人たちでも、皆が同じ反応だった。

↓ 

 

日本はどういうもの食べるの?あやは何が好き?と聞かれ

 

「raw fish!!」というと、

皆、ウェーーーーーーって、吐くジェスチャーをされるような、そんな時代。

 

生の魚?!!!ゲテモノ食べてますね!日本人!的なね。

 

 

1993年当時、sushiという単語は、まだ世界に浸透していなかった。

 

その後、

2002年に再度デンマークに訪れた際は、「sushi好き」って当時のデンマーク人の友達たちも言ってた。

そのくらい、今では世界的にsushi,sashimi が浸透している。

なんならtoroって単語もお寿司屋さんに行くとあるくらい。

なんなら「sushi好き!」とヨーロッパ人が言うことは、日本でいう「フレンチ料理」的なステイタスになっている。

 

今では、sushi好きはちょっとしたブルジョワの匂いがする。

今じゃ、ダイギンジョー(大吟醸)好きは、フランスでは一種のステータス。(日本で言うところのワイン好き。みたいなもんだね。)

 

 

 

 

 

世界の常識が変わりだしてる証拠だよね。

そう。スタンダードって、どんどん変わってくる。

本当に、「常識」もナマモノで、

時代の移り変わりと共に常に変化しているものなんだよね。

 

 

だからこそ、古い考えに固執せずに、

いつも様々な情報から、その時その時で、自分の考えを何転も柔軟にさせられる人でいたいよね。

 

 

 

次の話は、、【あや16歳@デンマーク】16歳で初めて感じた孤独

 

 

 

 

+++++++++++++++++++++++++++

 

★久松あやの記事はリンク、シェア、一切ご自由にどうぞ。

 

★久松あやのfacebook(お友達申請してね)

https://www.facebook.com/hisamatsuaya

 

 

★久松あやのインスタグラム(フォローしてね!)

www.instagram.com