読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。そんな人生を愛するヒントを書き綴る。そして人生を楽しくしたい人に贈る。めんどくさいのはヤメ!何でも面白がって笑ってやろう!時々婚活応援も!

「常識」は、所詮ナマモノ。

あやの、時間と空間と脳内と

「常識」は、所詮ナマモノなんだよね。


人生ストーリーを書いていて今思うと、
あの頃(2003年)はfacebookとかなかったから、
海外でメールアドレス交換してもその後連絡とかなかなか取らないし、あの時代にfacebookとかあったら、今頃大変なことになってただろうね。
2003年にはfacebookもskypeも出てきてなくて、携帯がやっと写メの時代で。まだまだネットはメールくらいの世界だった今ではPC一つで世界中と繋がっている。
スマホがかつてのPCでしてたメールの役割もしてくれる。
こうやって、「世の中の常識」って変わっていってくんだな。

 

2003年の頃は、今みたいな世の中、想像もしていなかった。
 
 

「常識」も、ナマモノなんだよね。
 

常に、時代の変化とともに、変化していく。
だからこそ、自分の中の「常識」も常にアップデートしていくのが、必要な不可欠だね。
 

 

そしてその、自分の常識をどうやって作っていくかというと、
いろいろな経験をしていくしかない。
 
 

時には痛みを伴うかもしれない。
 
 

それこそが、人生の財産であり、人間として生きることを許された私たちの特権だと思う。
 

失敗が怖い。と言って、何もしない人生は、成長を拒み、せっかく与えられたこの命を無駄にするようなもの。
 

そもそも失敗自体が、糧となって、私たしは大きく成長するのだ。
 

世の中のことを迎合して生きているようじゃ、成長できない。
 

だからたくさん滑って転んで、その常識を、壊して削って、「今」の自分用にアップデートしていこう。

 


そして、自分の中の「常識」を常に持つのだ。

 

 

f:id:hisamatsuaya:20160712122853j:plain

 

 

久松あやの記事はリンク、シェア、一切自由だよ~。