読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。そんな人生を愛するヒントを書き綴る。そして人生を楽しくしたい人に贈る。めんどくさいのはヤメ!何でも面白がって笑ってやろう!時々婚活応援も!

【久松あやができるまで】26歳・ドキドキのフランス生活・初日

私が、フランスに着いたのは、2003年の1月。

 

パリのシャルル・ド・ゴール空港から、飛行機を乗り換えて、フランス第2の都市リヨンへ行くはずだったのだが、、。

 

まずは行きの飛行機、まさかの停電。

しかも私の前の人の椅子はリクライニングが壊れていて、背もたれに寄りかかると私の方に倒れてくる。

 

まあ、そんなこともあるさ。と思ったら、

 

フランスは雪のため、リヨン行きの飛行機が欠航。

 

 

 

 

【久松あやができるまで】前回までのお話

幼少期編

小学生編

 小学生後編

★  中学生編

★ 高校生1年生編

★ 高校生2年生・留学先決定編!

高校生・デンマーク編

高校生・留年

短大生編

短大生編・衝撃的な人々・P子編 

短大生編・衝撃的な人々・W美編 

専門学校編・自信のない私 

初めての社会人編 

 25歳・進路迷い時期編  

26歳・ドキドキのフランス生活・初日 ←今ココ!

26歳・フランスで出逢った衝撃的な人々  

27歳・親にもまだ言えてない衝撃な事件。

27~28歳・人生が大きく動き出した時

28歳・初めて自分の成長を感じた日

29~30歳・頂点からどん底へ。

32歳・結局私に残ったものは。

【もはや伝説】28~32歳・ベルギーでこんなこと言われてました!

32~36歳・実家暮らし編/どこにいても私の存在は変わらない

 

 

しかし、同じように飛行機を使いたい現地人の中に、日本人とフランス人のハーフの男の子がいた。

その子に聞いて、チケットの手配したりして、TGV(フランスの新幹線)の振替チケットを手配。

そして私は無事にリヨンについた。

 

リヨンは一面の雪。

 

リヨンに無事にお昼頃に到着後、タクシーでホームステイ先まで。

 

 

そう。

この時私は、1月の間は私立の語学学校に通い、そして2月からは大学付属の語学学校に通うよう手配していた。

そして、どうせ住むなら、一人暮らししては意味がないと思い、通う予定だった語学学校を通じて、ホームステイ先を紹介してもらった。

 

 

そして、いざ着いてみると、、、なんか誰もいない。

 

タクシーの運転手に電話してもらったら、夕方まで帰ってこないという。

 

今日着くって、手紙書いたのに。。

 

ということで、とりあえず、また駅まで送ってもらい、駅の近くのカフェに入った。

 

 

f:id:hisamatsuaya:20160708181542j:plain

 

 

そしたらそこでバックパックをしている男の子に話しかけられた。

 

大学の勉強でパリに住むイタリア人の男の子で、旅行帰りで電車を待ってるという。

おかげで、そのことずーっとしゃべって時間を潰した。

 

その時に、イタリアの話になって、私はかつてローマに行ったことはあったので話をしていた。

そして、ナポリにも行ってみたいけど、南イタリアだし日本人が行ったら危ないんだよね。って話をしていたら、

 

「大丈夫。僕が行った時も時計取られそうになったから、危ないのは日本人だけじゃないよ!」って明るく言ってて。

 

おい。もっと怖いじゃないか!

 

彼は北イタリア出身のいわゆるお金持ちタイプ。(しかもかなりのイケメン。)

 

(イタリアは、北に行くほど、裕福なのである。かつて(今も?かは分からないけどそういう話はよくフランス時代にしてる人がいた)は北の人は南側をイタリアをは呼ばないというほど。しかもヨーロッパでもイタリア人といえば移民。みたいな位置付けだったらしい。日本人が思ってるそれとイメージは違う)

 

 

そして、このおかげで何時間か時間を潰すことができて、大満足だった。

 

彼は、パリでスペイン人やアメリカ人の子たちとシェアして住んでいるという。

知り合いも欲しいし、連絡先を交換し、バイバイした。

 

 

そして、とうとうついたホストファミリーの家。

私の他にパナマからの留学生もいた。

 

マダムとムッシュだけの家。子供達(息子)は、家を出て結婚して部屋が空いている。ので留学生を取っている。という家だった。

 

飛行機停電、欠航、雪、ホストファミリー夜までいない。

そして、この3日後くらいに、雪に埋もれた犬のウンを踏んでしまう。

あー、フランスにいるんだな〜。と早くも実感できる出来事のオンパレードで、私のフランス生活はスタートしたのだった。

 

 

こんなエピソードでひと記事終わってしまった。

長くなったので、ここまで!

 

 

つづく。。。↓

hisamatsuaya.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

【久松あやができるまで】前回までのお話

幼少期編

小学生編

 小学生後編

★  中学生編

★ 高校生1年生編

★ 高校生2年生・留学先決定編!

高校生・デンマーク編

高校生・留年

短大生編

短大生編・衝撃的な人々・P子編 

短大生編・衝撃的な人々・W美編 

専門学校編・自信のない私 

初めての社会人編 

 25歳・進路迷い時期編  

26歳・ドキドキのフランス生活・初日 ←今ココ!

26歳・フランスで出逢った衝撃的な人々  

27歳・親にもまだ言えてない衝撃な事件。

27~28歳・人生が大きく動き出した時

28歳・初めて自分の成長を感じた日

29~30歳・頂点からどん底へ。

32歳・結局私に残ったものは。

【もはや伝説】28~32歳・ベルギーでこんなこと言われてました!

32~36歳・実家暮らし編/どこにいても私の存在は変わらない