読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。そんな人生を愛するヒントを書き綴る。そして人生を楽しくしたい人に贈る。めんどくさいのはヤメ!何でも面白がって笑ってやろう!時々婚活応援も!

発信の仕方について考えてみた

あやの、時間と空間と脳内と

自分の気持ちに正直に、

もっと「そのままの私」を発信したい。と思って、

日々、自分を進化させてる。

 

おもむくままに発信すると、

すっごく自分が喜んでる。

紛れもなく、この私が喜ぶ。

 

見てる人のために、

ノルマや1日何記事投稿。とか、決めちゃうと、息苦しい。

 

私は基本面倒くさがりやだから、

「こうしなきゃ!」と思ってやってると、

自分のことが嫌いになってくるみたい。

 

枠にはめちゃうと、私が死んでしまう。

 

そんな感じ。

 

f:id:hisamatsuaya:20160617220140j:plain

 

 

でも、ふと最近、

 

じゃあ、私がいち読者だったら、

過去の私だったら、

どういう投稿を見たいだろう。

どういう人のだったら、読みたいだろう。

どれくらいの頻度で読みたいだろう。

なんてことを思った。

 

 

今私の持ってる知識は、紛れもなく、

自分が知りたかったから、蓄積されてるもののはず。

 

 

じゃあ、それを知らない過去の私は、

何を知りたかったんだろう。

どうしてそれを知りたかったんだろう。

何のためにだろう。

何で、今の私になっているんだろう。

 

なんてことを考えてる。

 

 

 

 

久松あやの記事はリンク、シェア、一切自由です。