あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

必死に頑張ってきたけど自信が持てなかった。

先月個別コンサルを受けてくれて30代、愛知県在住の方から、

こんなメールが来ました。

 

そしてそのメールを載せてみます。

 

なぜなら、彼女みたく苦しんでいる人も絶対いると思うから。

 

 

o0480036013612123199.jpg

 

 

私は、勉強ができない子でしたが、

親からそれを怒られることはなかったんですよね。

 

むしろ、30歳くらいの頃に、「なんでもっと勉強しろって言ってくれなかったんだ!」と、不満を抱いていた時期もあります。笑

 

でも、彼女のように育った人、意外に多いのではないかな~。と。

 

頑張ってるのに、

必死に努力してるのに、

自分に自信がなくて自分を好きになれない。

 

だからもっと、もっと!って生きてる方の、

少しでも助けになるのではないかな?と思って、

本人に了承を得て、掲載させていただきます。

 

 

 

個別コンサルで、あやさんが問いかけてくださった

 

「何に自信がないのか?」

 

ということをずっと、考えて過ごしていました。

 

 

たぶん、私は

 

生きていること、

この世に存在していることに自信が持てなかったんだと思います。 

 

 

実は先日、料理をしていて、早く作ろうと、焦っていたんです。

 

そのときに手が滑って、塩の入っていた容器を床に落としてしまい、派手に塩をこぼしてしまいました。

その物音に気づき、すぐさま、母が駆けつけてきて、そんな塩の片付けをしながら、ダメ出しをされました。

 

そのときに

高校時代の98点のことがフラッシュバックしたんです。

 

そう言えば、そのときも母はずっと、

こんなふうに私にダメ出しをしていたんだなって・・・。

 

褒められると思っていたのに、褒められるどころか、

ミスした2点のことをずっと、怒られていましたし、

その上、私の性格までもダメだしされていました(笑)。

 

 

だから、完璧でなければいけない、

 

ずっと、そう思って、

 

仕事もプライベートも必死にがんばっていたんだと思います。

 

 

 

ですが、

 

がんばっていても、

 

いつまで経っても、

 

自信は持てなかったです。

 

 

あるがままの自分のことを受け入れて、認めて、自分のいいところを探して、自信を持てるようにしていきます。

 

こうして、気づかせていただき、感謝しています。

 

ありがとうございました。 

 

私もあやさんのようにキラキラしていたいと思ったので、

少しずつではありますが、

好きなものややりたいものを見つけています。

 

そして、先日は和食のお料理教室へ行ってきました。

 

すごく心もお腹も満たされました。 

 

私自身、変わるためにはまだまだですが、あやさんのブログを見て、これからも日々、勉強させていただきます。

 

 

 

自信を持つには、もう、

自分の嫌いなダメな部分も否定しないこと。ですよね。

 

ダメでもいいじゃん!

 

ていうか、誰がダメって決めつけたの?

 

ダメの定義って、何なの?

 

もしかしたらそのダメな部分って、

ものすごいチャームポイントかもしれないよ?

 

私はよく主人に「抜けてる。」って言われるけど、

 

「そんなところが可愛いでしょ?」って、

 

かわいさの押しつけをしてますw

 

ダメ出しされてもむしろ、それを売りに覆す!

 

 

 

そんな感じで

 

頑張らないで、自信をつけていってくださいね!

 

 

そしてそのうち

 

「そんなところもたまらない~♡」って人が現れるから、大丈夫です。

 

 

 

イムリーにこんな記事が!

心屋さんの記事です。

12821.gif

★ひさびさに存在給のお話