あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

それって「不安」だからするの? それとも「楽しい」からするの?

 

o0300030013644064162.jpg

こんにちは。

 

今日は気持ちの良いお天気ですね!

今日は継続の方との、コンサル兼、お買い物でした。
写真が取れないお店だったのですが、(前にちょっと。と言われたことがあって)、素敵な黄色の柄のスカートを見つけました。

買って帰ろうかな~、と、彼女は別れ際にお店に消えて行きました!

そして、思ってた以上に昨日の「最近の私の野望と、、」の記事に反響があって、びっくりしてます。

もちろん嬉しいですけどね。

 

 

さて、

今朝、ふとこんなことを思いました。

 

それは、

 

 

あなたの選択は、

「不安」からきているのか。

それとも、

「楽しみ」からきているのか。

 

 

ものごとを選択しなくてはいけない時の、

あなたの判断基準って何ですか?

 

 

 

「こっちの方が不安じゃない」から?

 

それとも、

 

「こっちの方が楽しそう」だから?

 

 

 

 

私はゴリゴリのオーガニック好きでもないですが、

出汁は鰹節削ったり、昆布で取ったり、

一切顆粒剤は使いませんし、持ってません。

マヨネーズもケチャップも、なんでも作ります。

 

キャンプで、ベーコンなんかも作ったな。


それは、なぜかというと、

 

その方が楽しいし、美味しいから。

 

 

 

私は、シャンプーとか、石鹸素地100パーセントの石鹸を使ったり、

ジョンマスター使ったり、してます

それは、なぜかというと、

 

その方がテンションが上がるから!

 

 

 

 

でね、前に出会った人でこんな人がいました。

彼女は、癌になるのが怖くて怖くて、

食べ物は、一切オーガニックしか食べない。

全てに関してそう。

ベーコンとか、ウィンナーとか、加工品は一切口にしない。

一切全部手作り。

なぜなら、病気になるのが怖いから。

 

 

 

そして彼女は、シャンプーを自然化粧品のものだけで、

ジョンマスターも使ってる。

なぜなら、病気になるのが怖いから。

 

 

 

 

その彼女とは一度しかお会いしたこどがないのですが、

話は合うんですよ。

興味のあるものが似てるから。

 

 

 

でもね、

 

その選択をする根本が、モチベーションが違うんですよね。

 

 

 

だから、話していても「あれいいよね!」という会話にならず、

「これは発がん性リスクのないものだけで出来てるから安全だよ。」って答えが来る。

 

同じものを愛用していても、こんなに理由は異なるものなのか。と、

感じました。

 

 

この時に、

全てが恐怖に支配されてる人の選択って、

全て、不安の上、恐怖から来てるんだなって思いました。

 

世の中の判断基準が「不安」と「恐怖」を回避することで成り立っている。

 

 

そうすると、

彼女の世界は、きっと光に満ちたキラキラしたものではなく、

いつもおどおど、

見えないものに怖気付きながらこの世を生きているんだな~と、思いました。

 

それじゃ、苦しくて辛いよね。

 

せっかくこの世に生を受けたのに、生きてることを楽しまないなんて、

 

もったいなすぎる!

 

 

 

 

だからこそ、同じ選択をするのなら、

 

「楽しくて!」

 

「うれしくて」

 

なぜなら I  am  HAPPY!!!!だから!

 

 

って方に判断の重きを置いた方が、

断然人生は楽しくなる!と思いましたよね。

 

 

これって婚活にも、当てはまること。

 

 

目の前にいる人との将来に、不安になるのもわかる。

 

でも、不安を判断材料にするんじゃなくて、

同じ決断を下すなら、

 

楽しい方!

 

嬉しい方!

 

自分が幸せ♡と思うこと基準に判断していけば、

 

良いだけなんじゃないのかな?

 

 

 

 

将来のことなんか気にしたって、分かるわけないじゃん!

 

 

「今」の幸せ気分の選択だけでも十分楽しく、素敵な人生になるはず。


もし、未来のことを考えるなら、

楽しくて毎日笑ってる自分を想像してみるに限る。

 

あなたを不幸にするのも、

幸せにするのも、

全部自分の責任だからね。

 

 

だからこそ、私はいつも

「楽しそう。」「面白そう!」「幸せそう♡」を基準値にして、

生きていこうと思うし、

そう生きてるつもりです!

 

それでは本日の残りも素敵な一日を!