あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

結婚相手の条件


どうしても条件にこだわってしまう人。


表面的なことにとらわれ過ぎてしまう人。


いらっしゃるかと思います。


出身大学とか、経歴とか。




前に、コンサルを受けてくださった方でこんな方がいました。




その方はどうしても条件、肩書を気にしてしまうらしいんです。


相手の出た大学とか、仕事の肩書きとか。



でね、彼女自体の仕事も資格職で、男性に人気の職業。


しかも美人で20代。


もう、婚活界ではアイドルになれる条件を全て持っている。


そして、話を聞いていると、お見合いする男性たちに


「共働き」を望んでいるってことを言われるんです。って。



女性としたら皆そうだと思うけど、


その選択権は、相手じゃなくて、自分が握っていたいよね。


アナタに決められたくなーい!」ってのが本音ですよね。



ここで何が言いたいのかというと、


やっぱり彼女が相手を「肩書き」と「学歴」で判断していると、


やっぱり同じように彼女のことを「資格職」「美人」「20代」っていう


表面上の条件で彼女を判断する人が、彼女の前に現れるのではないのかな?と思いました。


お相手は自分の鏡。



自分が人を選ぶときに使ってる基準と同じように、


お相手も彼女の中身に触れる前に、表面上のことで、彼女を判断し、そしてそれを求めてくる。



別に、学歴、肩書きで人を絞っても良いと私は思いますよ。


でも、それだけで、人を判断していたら、その人の中身が分からないまま、


もしかしたら、ものすごいチャンスを逃しているかもしれない。ってことも

思ってみると良いと思います。


そして、自分のことを、中身を見て欲しい!と思っているのなら、

まずは自分がそうしなきゃ!



本当に、彼女が望む生活は、肩書き、出身校で決まるものなのか。


そこのところも思う一度考えて、婚活すると良いと思います。



自分の条件に固執してまう、という自覚があればあるほど、


それを一度疑ってみるところからしてみてくださいね!



例えば


今日から4月までは、学歴/肩書きを気にしないで、いろんな男性と交際してみよう!なんていうキャンペーンを自分の中で開いてみて、


とにかくいろんな人とお見合いしてみよう!とか、新しい行動をとってみると良いと思う。


もちろん、一つくらい譲れない条件がないと、人が絞れなくなると思うから、


それは掲げてて良いと思います。


例えば年収はいくら以上とか、身長は何センチメートル以上とか、


血液型とか、なんでもね!

ひとつだけは、「絶対!」の条件を決めて。




それでもやっぱりダメだったら、また4月から、


いつものフル条件に戻してみれば良いだけ。



とにかく、いつもとちょっと違うことをしてみる。


婚活の現状を打破するのにはとても有効なので、ぜひそうしてみてくださいね!