あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

結婚における経済観念。


婚活していて気になることの一つに、経済観念のことがあると思います。


様々な環境で生きてきた男女が出会うのだから、


なかなか言い出せないけど、心の底では気になっている。。という方もいらっしゃるのではないのでしょうか。



私の場合、


とても真面目な主人は、


入籍前に、貯金額や、どれくらいお給料を頂いているか、など、


当時教えてくれました。




そして、私の家は、お金の管理は全部主人に任せています。


だって、主人の方が得意だから!


主人の方が、私の100倍しっかりしてるから!



そして、私は、月の生活費を毎月初めにもらってる、といった感じです。


足りなくなったら教えてね。とは言われてますが、


十分にくれているので、むしろ、その中から使用しなかった分は、急な出費などに備えて貯めています。


実際は、急な出費などがあっても、主人がほぼ全部対応してくれるので、

私は完全に頼りっきりです。


そして、私の収入は、貯金しています。


私の収入も、二人のお金でもあるから、と思ってます。




あとね、金銭感覚の違いって、絶対に出てくることだと思うんです。


女性と男性はお金をかけるところがそもそも違うんですから。


きちんと自分の信念を伝え、相手がこっちを理解してくれれば、


あなたの思うようになると、私は思います。


そのためには、まず、あなたが彼を理解する、ところから始めていく。


自分の思いばかりを前面に押し出すのではなく、


相手の思いをまず、こちらが受け止めてから、こちらの思いを受け止めてもらう。



すごく出し渋る人だったらやだ!と思っていて


もし仮に彼がすごく出し渋る、もしくは節約家だとしたら、

そこには何か理由があるはず。


そこをあなたがきちんと理解してあげるのが一番です。


そして、


あなたが使いたいところに、一緒にお金を使うことを賛成してくれるよう、


あなたの哲学、信念を彼に教えてあげるんです。


日々の生活の中から、


彼もあなたと一緒に、同じものに価値を感じるように、


じわりじわりとあなたの考えを浸透させていく。


彼をあなた色に染めてしまえば話が早い♡



いきなり


「お財布渡してくれない人とは結婚したくない!」とか、


正直、話が先に飛びすぎてると思います。



プロポーズされてからでも遅くないので、


あまり先に先に勝手に自分で問題を提起して、


そして沈没しないようにしてくださいね!



「自分のことばかり」ではなく、


お相手の気持ちや、その行動の理由も考えてあげる心の余裕を持ってください。


あなたが彼を理解してあげよう。と思えば思うほど、


相手もあなたに心を開きます。



経済観念でもなんでも、


人の考えは千差万別です。


一人として同じ感覚を持っている人はこの世にはいません。


だからこそ、自分の小さな判断基準の範囲で、決めつけ過ぎない、


そして相手の金銭感覚のベースを理解する努力をするのも、

婚活するにあたり大事なことだと思います。


そして、夫婦になってからは、それが思いやりとなって、


お互いがお互いを喜ばせよう。という気持ちに育ってくると、

一緒のものに、価値を感じるようになると思います。

愛も金銭感覚をも一緒に育てていきましょう♡