あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

溺愛されて結婚するための極意 その6.

溺愛されて結婚するための極意


今日はその6です。


まだあとちょっとありますが、いよいよ佳境に入ってきました!


では、本日も張り切って、




溺愛されて結婚するための極意 その6.




愛情はすべて受け取る







受け取り上手は、愛され上手。なんていいますけど、



実際に、何を受け取るんだ?と思った方は、チームこじらせの方でしょうか。





男性は、もともと尽くす、与える生き物です。

尽くすのも、与えるのも大好きなんです。




でも、現代社会は、男女平等思想の元、生きてきたので、


お互いに本来の役割からずれてきてしまって、うまくいかなくなってしまうのだと思います。




その、女性の役割として、


男性が与えるものを「受け取る。」役割があります。





例えば、


お食事などの支払いの際、奢られるの苦手。な方は、

「愛情を受け取る」のが苦手なはず。


奢られるのが苦手な方は、好き、って言われると引いちゃうタイプです。




よくね、払ってもらって悪いから、っていうけど、その発想自体が違います。




「払わせてあげる。」んです。


男性が払うお金は、男性の愛情だと思ってください。


払わせてあげる、ということは、愛情をいただくことと一緒です。




もちろん、「払ってもらって当たり前。」っていうわけではなく、


お財布出すポーズはしといて 笑


満面の笑みで、「嬉しい~♡♡ ありがとうございます。ごちそうさまでした♡」 です。




払うのを拒むのは、男性からの愛情を拒むのと一緒。


男性の「与えたい」気持ちを、もっと尊重してあげてください。







また、

男性に「尽くさせてあげる」のも、愛情を受け取ること、と一緒です。



男性は、与えるのが好きですから、本来尽くすのが大好きなんです。



でも、私はたくさん尽くしてるのに、彼何もしてくれないんです!って方。


それって本当は、尽くされたいのに彼が何もしてくれないから、尽くしてしまいませんか?


彼から愛されたいから、尽くしちゃう。


彼を愛しているから、尽くしちゃう。




ここも、発想が逆なんです。




愛されたいなら、尽くしてもらう。


彼を愛しているのなら、尽くさせてあげるんです。


彼が、あなたに色んなことしてあげたくても、あなたが率先して尽くしちゃうから、


彼の出る幕がなくなってしまうんです。


彼の本来の「尽くす」役割を、あなたが奪ってしまってる。




もし、家が離れているのなら、あなたが彼の街に行くのではなく、


彼にあなたの街に来てもらう。



「私の方が時間あるし、彼忙しいから」ではなく、


彼が無理やり時間を作って、あなたに会いに来るんです。



あなたはその間、いつもより倍の時間をかけて、お化粧も出来ます。


いつもより綺麗な自分にで会えるし、一石二鳥♡



彼には、


時間とお金と労力を使って、あなたに会いに来てもらいましょう!



男性は、時間とお金と労力を使ったものを、それはそれは大事にしてくれます。

溺愛コースまっしぐらです。




彼に、苦労をかけさせるのも、れっきとした、愛情表現です。


彼の愛情を余すことなくしっかりと受け取って

本来の彼の、与えたい欲求を満たしてあげましょう