あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

偶然がいっぱい!の結婚までの道のり 〜日程編

主人との結婚が決まってから,

数々(てか、2個くらい。というか、2つだけです。。)の偶然なことが起こりました。





私たちは、9/15 に真剣交際に入りました。

なので、この日は私たちの中で、付き合った日。です。


そして、結婚することが決まり、お結納は年内にしよう、となり、

私たちの日程が合うのが 12/15 でした。


10月にはすぐに場所も決め、
お結納日を決定させ、お互いの両親に伝えました。


これはすべて、退会前に済ませたことです。



そして、入籍日、、が難航していました。


話し合っても、なかなか決まりませんでした。



それとは別に、

結婚式を挙げることになった場所は、

1年前から予約可能な週末だけしか式場として使われないところで、

1日午前1組、夕方1組だけしかあげられないところでした。


ですので、私たちが思ってた日程が空いてなかったんです。


2月じゃ早すぎるし寒いし、

そのあとはもう7月か8月。

唯一、5月の一枠、夜の部に空きがあったくらいでした。


遠方の人もいるからなるべく午前が希望でした。


そして、その翌週に日程を決める打ち合わせがありました。


そしたら「キャンセルが出ました。」っていうんです。


なんと 6/15 の午前中だけ、一枠空いたんです!

この日は仏滅だったのですが、

大安に結婚しても別れてる人もいるし関係ないね。ってことで、

もう迷わず、この日に決定!


図らずして、まさかのジューンブライド。笑


で、よく考えてみたら、

あれ?って思ったんです。



9/15 に付き合って、

12/15 にお結納

翌年の 6/15 に結婚式 って、


全部、月も日もクオーターじゃん!って (時計で考えるとね。)


3/15に何かあれば、完璧だ、って。


そこで、入籍日は、迷わず 3/15(また仏滅 笑)に決めました。



  3/15

  6/15

  9/15

12/15


一生忘れまい、この見事になならび具合。笑


3ヶ月ごとに、イベント目白押しです。


神社などでは15の日は神様が降りてくる日。って言われているそうで、

参拝の日は15日なんだそう。


だから、主人と結婚することを本当に祝福されてるんだ~、って、ますます思ったのでした!



入籍日の3月15日に和装で神社でご祈祷していただきました。


もう一つのお話はこちら!