あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

お見合い後の交際OKの返事を出す確率について


お見合い中のみなさん。



今日は、どれくらいの割合で、交際okを出せば良いか。についてです。



女性って、「好きになられても困る。」みたいなのが、前提にある気がします。


その気持ちわかります。



「私にはその気がないのに、プロポーズでもされちゃったら断るのめんどくさいし。。」みたいなことを


頭によぎるんですよね。

私も最初の頃はそうでした。


「こんなに、アピールされても私にはそこまでの気持ちはまだないし、これでokして前のめりになられても、困っちゃうよな~」なんて思って、

悩んだ末お断りしたことが、超初期にありました。



で、私の経験から皆さんに言いたいことは、



そんな簡単に、プロポーズされないから!」


安心して交際して!ってこと!



女性なんかよりも、男性の方が、超慎重です。


そんな、
自分とのデートに乗り気じゃないかもしれない女性に、プロポーズしません。


ちょっとの疑心はお相手も気づいていることと思います。



こっちが引っかかってるのと同じくらいの度合いで、

お相手もあなたの何かを懸念している。と思って良いと思います。


そのくらい、気持ちってイーブンなものだと思います。
(私が言う相思相愛の法則、というのはこういうことです。)




そこで実際に私が婚活していた時の、

お見合いした数 → okを出した数 → 交際成立 
は以下の通りでした。


    

  9月 6人 → 2人 → 1人

12月 3人 → 1人 → 0人

  1月 3人 → 1人 → 0人

  2月 6人 → 5人 → 3人

  3月 1人 → 1人 → 0人

  5月 5人 → 3人 → 3人

  6月 2人 → 2人 → 2人

  7月 1人 → 1人 → 0人

  8月 8人 → 7人 → 2人

   計 34人 →23人 →10人



お見合いが成立するのに、

まず  7人に出して1人決まれば、それはニーズのある人たちにきちんと出していることになります。

自分の求められているところにお申し込みを出していてもその確率です。

200人にお申し込みしたって、28人しか会えないです。

だから、どんどん出しましょう!というのはそういうことです。


そして、今度は実際に会って、

こちらがOKを出しても決まる確率は2人に1人決まれば良い方、ですよね。


また、先日お会いしたプロポーズされた37歳の方も

お見合いした数→okを出した数→交際成立が

30人→20人→10人と言っていたので、確率的には私と一緒なんですね。



なので、そんなに交際にokを出すか出さないか、に悩まなくても
きちんと、2人に1人はお断りされる
んです。


だから、迷ったら「好きになられても困っちゃう。」と思う前に、

安心して、交際okを出していくと良いと思います。



そうやって、少しずつ、動きの滞った婚活の流れを動かしてあげてくださいね。


これも併せてお読みくださいね。
お申し込みが成立しない時に落ち込まないですむ方法




それでもなんか動きが鈍い方は、是非お話しをしにいらしてください!
クリック 婚活個別コンサル