あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

主人との出逢いから結婚まで① お申し込み




活動を始めて11か月が経とうとする頃、


ある日突然、主人からお申し込みがありました。


ちょうどこの1か月前に交際している人が終わり、


この月は、お申し込みをした人たちとのお見合いラッシュでした。( 過去記事をご参考までに→ こちら

1日に付、2人から3人とのお見合いをしていた時期で、


婚活していた中で、もっとも人にお会いしていた時期でした。(それだけ決まる率も高くなってきたということです。)



婚活を始めた当初は、結婚相手はバツイチ、思いっきり年上、と思っていた私ですが、


数々の交際を色々な人としていく内に、バツイチの人とは、結婚に対する温度差を感じ始めていました。


最初は、がっつりアピールしてくるのですが、その後がなんかな。。という状態が続いていたからです。


それに、比較的勝気で強気な私は、寛大にこのワガママさを許してくれるだろう、と歳が離れている人との方がうまくいくと思っていたのですが、それもどうやら上手くいかない。


なので、この頃は、初婚の方、そして、年齢の近い方とお会いするようにしていました。


そして、そう決めると、今まで決まらなかった30代とのお見合いもなぜか決まるようになってきていた頃でした。




そんな中、突然やってきた主人からのお申し込み。


条件は良い。


笑顔が爽やかな写真。


歳も近く30代。


バツイチ。





バツイチか。。一瞬迷いました。


でも、爽やかな笑顔の写真に、人の良さが滲み出ている気がしました。



そして、これは、カウンセラーの方にも言っていないのですが、


私、主人の写真を見た第一印象って、

丸っこい目と、丸っこい鼻、ちょっと厚みのある口の感じとか、「なんか私と顔が似てるかも?」でした。


似てるってことは、うまくいったりして。


そんなことが一瞬頭をよぎりました。


でも、要らぬことは考えるな!いかん、いかん、と、頭からその考えは搔き消しました。





そして、この時もいつもの「会ってみてから考えよう」ということで、


カウンセラーの方に「バツイチの方にはもう会わないと宣言していましたが、歳も近いので、お会いしてみます。」


という今思えば回りくどいメールを送りました。




そして、このお申し込みのあった週末に、お見合いの日が決まりました。


この週末は、土曜日にお見合い1件&デート1件、


そして日曜日にすでに30代の方とのお見合いが2件、決まっていました。


私は、ワクワクしていました。


3本お見合い、30代!


そして、主人とのお見合いは、この週末の日曜日の朝一番の、10時半という早い時間に決まりました。




続きこちら
→主人との出逢いから結婚まで② 出逢い




いつもお付き合いくださりありがとうございます。
とうとう始めました~。
応援クリックよろしく願いいたします。

   


私へのお問い合わせはこちらからどうぞ→  write to me !

広告を非表示にする