あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

私が自分を好きになるためにやったこと〜文字編




言い訳ではないのですが、私が6年間のヨーロッパ生活の上に得たもの、


それはとんでもないほどの、文字の汚さでした。



ただの曲線の集まりのアルファベットで生活していたせいか、


日本語書くと、超下手になってたんです!


腕もすぐ疲れるし、筋肉がアルファベットと化してしまったみたい!



昔は、字がきれいだね、、とか言われてたはずなのに、おかしい。。


順応しやすい性格がもたらした災いかと 笑




その後、地元で働き始めたところは、いわゆる世のエリートさんが多いところでした。


一応、日本の一流大の大学、または、大学院卒の方々が多数を占める職場。


(だからもあってか、「ANNさんみたいなキャラの人初めてだ。」と言って、珍しがられてたのかもしれません 笑)



で、そこで目に付いたのは、皆の文字のきれいさ!

やはり、頭の良さと文字は比例するのか? お勉強ができる人は、文字も違う!

特に主任なんかは、筆順とかも詳しくて、わからない漢字に関してもなんでも教えてくれるという、素晴らしい環境でした。

達筆な人もいれば、女子とかは、惚れるほどのいわゆる美文字。


いや~、私、こんな文字で恥ずかしい!と思いました。




そこで、私は毎日、文字の研究を始めました。


なんで私の文字はきれいに見えないんだろう。

私と彼らの文字はなにが違うんだろう。。。

人が私に残した伝言メモをじーっと見つめる日々でした。


そこで、この頃はまだそこまで流行っていなかったのですが、「ペン字の練習帳」を買いました。


思い出した時にやって、2年くらい経ったころですかね。。



ようやく、きれいに書けるバランスが、何もみなくてもわかってくるようになりました!



これが幸いし、結婚式の招待状は、自分で毛筆で書いて出しました!

頼んだ文字は、なんか無感情/無機質な感じがして嫌だったんです。

そのころは、「筆ペン」の練習帳を買って毎日練習し、筆ペンでなく、きちんと墨と筆で書きました!





少しずつでも、何かできるようになると、それだけで毎日が楽しくなってきます。


それからは、私はメールでなくて、人に手紙を書くようになったり、など、

文字を書く機会が増えました。

もちろん、まだまだ完璧に綺麗なわけではないですが、前の自分の文字よりは、確実に綺麗です!

まだまだ発展中ではありますが、


文字を書く、なんて平凡で当たり前の行為も、ちょっと向上させてみよう。と思うだけで、


楽しくなってきます。


結果それがよりお気に入りの自分、になってきたりして、前よりもっと自分のことが好きになるんだと思います!


いつもお付き合いくださりありがとうございます。
どんな些細なことでも、楽しんでみよう! 人生が豊かになるよ!
応援クリックよろしく願いいたします。

   


私へのお問い合わせはこちらからどうぞ→  write to me !