あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

山で人生を思ふ


夏休みは、北アルプスを縦走してきました!



標高2500m~3000mの間を4日間、登ったり、降ったり。
トータル約40キロ歩いてました。
まさに雲の上の世界。
界王様とか出てきそうでしたから。


この登山が、途中、本当に疲れるんです。投げ出したくなる。
ちょっとの登りもヘトヘト。



一度進み出すと、下界に行くのも大変だし、本当、一歩一歩でも、進むしか方法がない。
止めるとか言ってもタクシーもないし、
ヘリコプターとか気軽に迎えにも来てくれないですから。
それに歩く行為は、誰も助けてくれません。
休みたければ、山荘まで自分で歩くしかない。
日が暮れる前に着かないと、遭難の恐れもある。


疲れた。なんて理由、通用しないんです。

だから、疲れたよ~、私のこと待っててよ~!とか主人に言いながらも、
足だけはやめずに、小さな一歩でも出し続ける。






そんな中、到達した頂上から見る景色は、圧巻の美しさで、
本当に全て疲れが一瞬で吹っ飛ぶほど。





歩いて疲れてたこととか、忘れてしまうんですよ。


歩き続けた人だけが、目にすることができる。
ここに立った人だけが、見られる景色。



綺麗すぎて涙が出そうになるほどになることも。





現実だと、逃げ出すことって簡単にできるからきづかないけど、
なんか、これってね。人生の縮図だな~、と思いました。

そして、婚活も一緒だな~。と。

いやだー、逃げたいーーー。って思っても、ちょっとだけでも、息切れしながらでも自分から目を逸らさずに進み続けた人にしか、結婚の楽しみ、幸せはないのかもしれない、と。


ちょっとのことで逃げ出してたら、人生、ずっとそうなっちゃいますよ!
私はやだな。
何かあっても、自分の意思で人生を作りたい、って思います。
それがたとえ辛いことであったとしても、その先に自分の望むものがあるのなら、私はそこに到達するまで頑張りたいな。
なんて思いました。



いつもお付き合いくださりありがとうございます。
雄大な景色を前にすると、様々なことを考えさせられます。
応援クリックよろしく願いいたします。

   


私へのお問い合わせはこちらからどうぞ→  write to me !