あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

美肌への道 3

20歳くらいから今もお世話になっている美容師さんは、
のちに一代ブームを作った人です。




私が20代中盤になる頃には、当初無名だった彼もたまに雑誌とかに出て、「これ使ってお化粧しました。」的なコーナーに登場していました。


そんな彼にある時質問してみたことがありました。



「ねえ、◯◯な化粧品欲しいと思ってるけど、実際あれってどうなの?」



そしたら返ってきた返事はこんなことでした。


「これ使って、って言われるからやってるけど、実際うたい文句のような効果が出ないなんてしょっ中だから、それ以外のもの駆使してお化粧してるなんて常識よ。人に聞く前に、自分でとことん探した方が早いよね。だって、お肌の状態や色なんて人それぞれ違うんだからさ~。」



なーるほど。



その頃美容雑誌を買っては、書いてある通りに真似したり、買ったりするのは日常茶飯事でした。
それなのに、いつも何かをもっと求める自分がいました。

だからこそ、この意見がすごく腑に落ちました。





そしてこの頃また、面白い出来事がありました。


まだまだパソコンが新しい時代だったこの頃、

友人の彼が画家志望で、空いている時間にある仕事をやっていたのです。


それが、雑誌の画像修正の仕事でした。


当時カリスマ的だった当時30代前半の元アイドルとか、カリスマ的存在のおしゃれアイコンの歌手とかが表紙になった際には、修正すごい大変って彼が言ってた、って。




今では周知の事実ですが、

そのことを聞いた時、それはそれは衝撃でした。

お肌が綺麗なの、嘘なの?って。



なんだー。

そんなものなのか。

騙されてたわい!



なんて意味なく安心した私がいました。






いつもお付き合いくださりありがとうございます。
いつになったら美肌になるの?
そんな疑問を持った方、応援クリックよろしくお願いします。