あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

パッション

おはようございます。
きょうは本当によいお天気で、テンションがあがります。
冬の晴れの日は、空気がキリっと気持ちよくて大好きです。



さて、先日、お世話になっていた相談所の方から「成婚ストーリーを会員さんに話して欲しい」と声をかけられて、
いってきました。



実はそれもこのブログを始めるきっかけとなっているのですが、

その場で伝えたい事は沢山あったのに、全てを伝えるのは難しくて、

後から、これを言っておけば良かったな、とか、色々考えたりしてしまいました。

その場に来ていた方々に幸せになってほしい。

少しでもお役に立てれば、と言う気持ちになりました。



その場には、

まだ活動して数ヶ月の人が数名、2年間活動している方もいました。
皆さん、アラフォーでした。



私が洋服やメイクに投資した話をしていると、一人の方が言いました。



そのパッションがすごい!

気合いの入れ方が違う!と。




皆さんは、どれくらいの情熱を注いで、婚活をしているものなのでしょう。




私は、もう、ライフワークに成りつつあるくらい、どっぷり婚活ライフに浸っていました。

本やブログ、目についたものは読み、

お見合い後、本屋さんで1時間以上立ち読みとかは、ざらでした。(気がつけば脳の伝達物質や、副交感神経の本まで買っていました。)

街行く素敵女子や、会社の素敵主婦を観察して、私に足りないものを研究していました。
他の人が出来てるのだから、私にも出来るはずだ。ってね。
良いと思った事はなんでも吸収していました。



それに、

入会金も、月額費も、ましてや地方から出てくるから電車代も移動時間もかかってます。



「時は金なり。」



時間もお金も費やしているのだから、その中で最大限の努力をしないと、もったいないと思っていました。



最後の砦と思い、恥を忍んで入った相談所です。

ここで相手が見つからなければ、一生独身決定って烙印を押された気分になりそうで、私は恐かった。

良い人がいなかったから。って言い訳をして、自分を正当化するのは簡単です。

でも、世の中のせいにしても、一人の寂しさは埋まらないと思うんです。



だったら、情熱を持ってやるしかないんです!



本気で取り組んで、上手くいかなかった時が恐いから、どこかで「私はそこまでは、、。」と、逃げ道を作っていませんか?



大丈夫。

一生懸命になっても、誰もあなたを笑いません。

それどころか、自然と周りから助けの手が差し伸べられたりするものです。

不思議と物事が上手く行ったり、

運が味方してくれたりするものです。



だから、今よりもう少し、情熱を注いでみませんか?

もう一歩踏み出してみるのです。



運命の人もあなたを待っているのです!