あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。何でも面白がって笑ってやろうぜ!

婚活の現実

蝉の鳴く中、
行った相談所は
IBJに加盟の相談所でした。


当時4万人(現在5万5千人だそうです!)の会員数。

最終学歴証明書から源泉徴収票、住民票、戸籍謄本の提出も義務。

カウンセラーの方も厳しい現実をきちんと教えてくれたのと、とても素敵な(女性)方だったので、すぐに入る事に決めました。


私が入った当時、会員の内訳は男性4割 女性6割。


現在はなんと男3女7の比率。


女性にとっては厳しいのです。


しかも相談所に入っても成婚率は
10%と低い!


35
歳はぎりぎり大丈夫だけど、
年々会える人は少なくなって行くと思った方が良い。

女性は年齢と見た目、男性は収入で会える数が決まってくるようです。

(お見合いを申し込んでも相手がokを出さないと会えないので、お見合いすら成立しないと言う現実があるのです。)


更に、私は地方なので、

都内の男性はお付き合いするのが難しいと思って、お見合いが決まる可能性も都心在住の方に比べると低い、との事。

男性の検索の範囲に私の県は入らないかもしれない。

だから自らどんどんお見合いを申込をしていかなくては、なかなか決まらない、と。



このときカウンセラーは「絶対に結婚すると言う強い意志を持って!」とおっしゃいました。

その時は「いい人がいたら~」なんて答えていたのですが、


1年の婚活を通して私が自信を持って言える事。


それは、


「いい人がいたら~」では、いい人は現れないと言う事です。


「絶対に誰かいる!!私は結婚するんだ!」

と信じて疑わずに活動する事が成功の秘訣です。(←これ本当に大事です!)




この時あと4ヶ月で36歳になる時でした。



正直、すぐに結婚出来ると思っていた私。




でも現実はそんなにあまくなーい。




そうです。

ここからが、戦い。

自分が35年間、疑いもせずに培って来た価値観との戦いの始まりでした。




変化する時は勇気がいります。



でも、変化して幸せになっちゃえば、何でこんな小さな事にこだわっていたのだろう、と思います。

変わろう、変えよう、と思う時が、変化の時で、

それがあなたの結婚を早めるのです!


実際私がそうでした。