読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。そんな人生を愛するヒントを書き綴る。そして人生を楽しくしたい人に贈る。めんどくさいのはヤメ!何でも面白がって笑ってやろう!時々婚活応援も!

久松あや・ヒストリー

私の結婚式

いや〜。 一昨日は男友達の結婚式でね。 しかも、私の結婚式をあげたのと同じ場所だったの。 また行くことになるなんて考えてもみなかったけど、 人の結婚式に出たら、自分の挙式を思い出した。 定形の式にはしたくなかったから、できる範囲でこだわったの。…

【@デンマーク】私は日本人なんだ。と感じた時

毎日雨でお天気も悪く、デンマークの印象は良くなかった。 ホームシックと、お天気の悪さが相まって、私は毎日が憂鬱だった。 そして今でも鮮明に覚えているのが、ある日の、確かあれは夕方だったと思う。 ステイ先のリビングの窓から太陽の光が差し込んでい…

【@デンマーク】16歳で初めて感じた孤独

1993年の8月。 ついに憧れていた海外での高校生活実現のため、デンマークに上陸した私。 ざっくりのびっくりはこっちにも書いてあるよ! hisamatsuaya.hatenablog.jp 前回までのお話はこちら 【あや16歳@デンマーク】初めて感じた「日本人」という立場 - 数…

【あや16歳@デンマーク】初めて感じた「日本人」という立場

私ヒストリーはざっくりと終わったので、デンマークでのことも書いてくね。 だって、驚いたこと、たくさんあったから。 なんか、いつ終わるのか心配だけど、なんでも出しちゃうと、決めたのだ! ざっくりのびっくりはこっちにも書いてあるよ! hisamatsuaya.…

【久松あやができるまで】32~36歳・実家暮らし編/どこにいても私の存在は変わらない

日本に帰ってきたものの、思っているような仕事がなかなか見つからず、私は今まで絶対に避けてきたことをする。 そう、それは、祖父に仕事を頼む。ということだった。 【久松あやができるまで】前回までのお話 ★幼少期編 ★小学生編 ★ 小学生後編 ★ 中学生編 …

【もはや伝説・ちょっと小話】28~32歳・ベルギーであった、こんなこと。

ベルギーでの生活で驚いたことは数あれど、こんなことがあった。 ベルギー・アントワープの学校は、国際色豊かで、 ベルギー人はとても少なく、アジアから、南米、アメリカ、中東、そして西欧、東欧、北欧、アフリカ、ロシア、 本当に世界中の国の生徒が集ま…

【久松あやができるまで】32歳・ベルギー編・結局私に残ったものは。

半年間、日本で休んでいた私は、この後、私はもう一度2年生をやり直すためにベルギーに戻った。 そう、人生3度目の留年。 私は10代、20代、30代、それぞれ留年しているという、まさかの事態。 もはや、学校中、同級生だったことがあるという不思議をまた生…

【久松あやができるまで】29~31歳・ベルギー編・頂点からどん底へ。

念願のベルギー・アントワープの大学のモード科に受かって、私はとても嬉しかった。 私の人生でこんなんに晴れやかな気分になったことはない。 ベルギーは家も安くて広いので、85平米、天井の高さ約4Mのアパートに、一人で住み始めた。 (これも人が見つけ…

【久松あやができるまで】28歳・フランス編・初めて自分の成長を感じた日々

私が通い始めた学校は、先生方はパリのエコール・デ・ボザール(日本でいう芸大のようなもの)出身の人が多く、校長先生も、元ロレアルでにいた方だった。 通えるファンデーションスクールも少ししかなく、その中でもここを選んだのは、直感である。 パリの…

【久松あやができるまで】27~28歳・フランス編・人生が大きく動き出した時

半年で帰る予定だったフランス留学。 気がつけば、パリに住み始めていた。 1年も経とうとする頃に、こんなことがあった。 参照(27歳・親にもまだ言えてない衝撃的な事件) 【久松あやができるまで】前回までのお話 ★幼少期編 ★小学生編 ★ 小学生後編 ★ 中…

【久松あやができるまで】27歳・フランスで起きた親にもまだ言えてない衝撃的な事件。

私は、2003年の6月には日本に帰るつもりで来たフランス。 しかし、フランスに住み始めてフランス語もわかるようになってくると、もう少しいたい。やっぱりパリにも住んでみたい。という欲が出てきた。 【久松あやができるまで】前回までのお話 ★幼少期編 ★小…

【久松あやができるまで】26歳・フランスで出逢った衝撃的な人々

人生は、様々な人との出会いによって、自分の価値観が変化していくものだと思う。 ここでもまた、色々な人たちとの出会いがある。 【久松あやができるまで】前回までのお話 ★幼少期編 ★小学生編 ★ 小学生後編 ★ 中学生編 ★ 高校生1年生編 ★ 高校生2年生・留…

【久松あやができるまで】26歳・ドキドキのフランス生活・初日

私が、フランスに着いたのは、2003年の1月。 パリのシャルル・ド・ゴール空港から、飛行機を乗り換えて、フランス第2の都市リヨンへ行くはずだったのだが、、。 まずは行きの飛行機、まさかの停電。 しかも私の前の人の椅子はリクライニングが壊れていて、…

【久松あやができるまで】25歳・進路迷い時期編

そして、初めて勤めた会社を辞めた後に、今後をどうしようか迷う時期がある。 色んな人に可愛がってもらってたから、 次の仕事のお誘いもあったりしたんだけど、私は迷っていた。 フランスに留学もしたいけど、でも日本にもいたい気がする。 でも、どうして…

【久松あやができるまで】初めての社会人編

初めての会社は、婦人靴の問屋だった。 デザイナーとして入った私。 扱ってるものは、ライセンス契約のブランドで、自分の興味があるジャンルとはかけ離れていたが、初めて渡された名刺の肩書きが「デザイナー」。 すごく嬉しかった。 そんな中、社会に出て…

【久松あやができるまで】専門学校編・自信のない私

短大を卒業した私は、靴の専門学校へ受かり、進学した。 1クラスしかない少人数の学校だった。 靴づくりを一から学ぶ学校。 私は、洋服も好きだが、靴が一番大好きなアイテムなので、ここにしたのだ。 それに「職人」というものにとても憧れていたから。 学…

【久松あやができるまで】短大生編・衝撃的な人々・W美編

私の交友関係は、同じ短大で一緒だった子。 中高一緒で上京してきた子。 その他に、東京で出会った遊び仲間。がいた。 その中でも、私が自分の育った環境を肯定していいんだ。と思わせてくれたのが、ある時出会ったW美である。 私より、1歳か2歳くらい年下だ…

【久松あやができるまで】短大生編・衝撃的な人々・P子編

私は、いつも自分の育ってきた環境を、家族を嫌だ。と思っていた。 世の成功者は、皆、苦労してのし上がってくのに、私は何も苦労していない。だから私は「何か」が欠けているんだ。と本気で思っていた。 そんな私の高校生の頃の私のバイブルは、「東京ガー…

【久松あやができるまで】短大生編

以前までの話はこちら↓ 久松あやができるまで【幼少期編】 久松あやができるまで【小学生編】 久松あやができるまで【小学生後編】 久松あやができるまで【中学生編】 久松あやができるまで【高校生1年生編】 久松あやができるまで【高校生2年生・留学先決…

【久松あやができるまで】高校生・留年編

以前までのお話↓ 久松あやができるまで【幼少期編】 久松あやができるまで【小学生編】 久松あやができるまで【小学生後編】 久松あやができるまで【中学生編】 久松あやができるまで【高校生1年生編】 久松あやができるまで【高校生2年生・留学先決定編!…

【久松あやができるまで】高校生・デンマーク編

以前までのお話 ↓ 久松あやができるまで【幼少期編】 久松あやができるまで【小学生編】 久松あやができるまで【小学生後編】 久松あやができるまで【中学生編】 久松あやができるまで【高校生1年生編】 久松あやができるまで【高校生2年生・留学先決定編!…

【久松あやができるまで】高校生2年生・留学先決定編!

前回までのお話。 久松あやができるまで【幼少期編】 久松あやができるまで【小学生編】 久松あやができるまで【小学生後編】 久松あやができるまで【中学生編】 久松あやができるまで【高校生1年生編】 ノルウェー行きが決まりそうだった、高校2年生の春。 …

【久松あやができるまで】高校生1年生編

高校生の話は、どこからどう書けば良いのか。 本当にいろんなんことがありすぎたからね。 久松あやができるまで【幼少期編】 久松あやができるまで【小学生編】 久松あやができるまで【小学生後編】 久松あやができるまで【中学生編】 ーーーーーーーーーー…

【久松あやができるまで】中学生編

前回までのお話はこちら↓ 久松あやができるまで【幼少期編】 久松あやができるまで【小学生編】 久松あやができるまで【小学生後編】 私は中学校は私立の1学年2クラスしかない、女子校を受けた。 2週間の短期留学のプログラムがある、学校に。 そしてなぜ…

【久松あやができるまで】小学生後編

前までのお話はこちら↓ 久松あやができるまで【幼少期編】 久松あやができるまで【小学生編】 これは母から聞いたのだが、私は何があっても動じない子供だったらしく、 周りの大人をドギマギさせる子だったらしい。 例えば、これも私の記憶には全く残ってな…

【久松あやができるまで】小学生編

幼少期編はこちら↓ hisamatsuaya.hatenablog.jp 小1の時のあやちゃん。 転校してしまう子がいて、 その時に「引っ越ししたら手紙書くね」って言われたけど、 とうとう手紙は来なかった。 子供心に以下のことを思った。 「できないことなら、初めから言わな…

【久松あやができるまで】幼少期編

私は1976年12月28日*1に生まれた。 そこから!と思った人、ここからです。 祖母曰く、 白雪姫のように真っ白い子供だったそうで、 お産婆さんが、「こんなに肌がきれいな子は見たことがない。」っと言っていたらしい。 でもね、 鳴き声がガマガエルみたいで…

【久松あやができるまで】私の生きる楽しみとは?

前回の記事はこちら↓ hisamatsuaya.hatenablog.jp という感じで、 裕福だからこそ、沢山の恩恵を受け幸せにぬくぬく育ちました! というわけでもなく、 一風変わった環境だったゆえの窮屈さや、息苦しさの中で、 反抗心や反発心がとにかくすごかった。 大人…

【久松あやができるまで】家庭環境

私の人生ストーリーを書く前に、 私が、どう育ったかを、背景をお伝えするね! 私は、比較的裕福な家に生まれたの。 母方の祖父がそうだったから。 地元では有名な一家だった。 家族構成は、父と母と、3つ下の弟と。 しかも母の兄弟も近くに住んでたから、 …