読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あゝ、愛しきわが人生

自分の人生が心底愛おしいと思えたら、この上なく幸せだ。そんな人生を愛するヒントを書き綴る。そして人生を楽しくしたい人に贈る。めんどくさいのはヤメ!何でも面白がって笑ってやろう!時々婚活応援も!

『渡辺直美はいい女』セルフイメージは全てを左右するほど大事だって話を。

『渡辺直美はいい女』 セルフイメージは全てを左右するほど大事だって そんな話を。 昨年の年末、インスタで渡辺直美が「NHKに出ます」と言うから見てみた。 彼女のアメリカと台湾でのライブの密着取材。 その中でとても興味深いものをみた。 ゲストで来てい…

「もうちょっと若かったら」の本音②

あるいは、若い人が羨ましい理由は?と尋ねると、 「若くてちやほやされているのから」という人もいる。 本当は「若い」ことが羨ましいのではなく、 「人の関心を得ている」ことが羨ましいんだよね。 そこには、 「自分にもっと関心を持って欲しい。」 「も…

「もうちょっと若かったら」の本音①

若い子を見るとざわつく。 若い子が羨ましい。という言う人は、 本当は、若い人が羨ましいのではなくて、 その裏に「本音」が隠れている。 誰にでもその「若い」時はあった。 その年のあなただったら、今直面してる問題が簡単に解決できた? 「私がうまくい…

理想の高い人が理想の現実を手に入れる方法

別に理想が高いことが悪いわけじゃないよ。 理想が高い自覚があるなら、しなきゃいけないことがある。 理想が高い人はね、 一度、自分の現実を見てみな。 見て、 悲しんで、 思いっきり、自分に失望して、 この上ないくらいの絶望感を味わう。 もっと、自分…

だからそうやって、自分の首を絞めている。

誰もそんな「枠」を作ってないのに、 人って、自分の作った枠に自分を押し込めて、 そして身動き取れなくしちゃうよね。 こうじゃなきゃだめ。 ああじゃないとだめなんだ。 私がこうなんだから、あなたはこうしなさいよ!とか、 私はこうなのに、あの人はお…

私のコンプレックスの乗り越え方。

前回までのはこれ ↓ コンプレックスからの大脱出劇 ※現在進行形ですが。 私のコンプレックスはこうしてできた。 私は育てられる時に、 「派手にしてはいけない。」「自分のことを言ってはいけない。」と言われ続けた。 それは、「私たちはお金を使う暮らしを…

私のコンプレックスはこうしてできた。

前回はこれ↓ コンプレックスからの大脱出劇 ※現在進行形ですが。 母親は、祖母に対してコンプレックスをとても感じている人だった。 祖母は本当に賢くて、頭の切れる人だったから、 「自分は。。」という思いがあったみたいで。 さらに、母は、自分の弟(叔…

コンプレックスからの大脱出劇 ※現在進行形ですが。

自分のストーリーを書いていたら、いろんな思いがよみがえってきた。 デンマークでの話も、書き溜めてるんだけど、 人生ストーリーも書いてて、途中で差し込んで行ったら、混乱するかな?と思って、 差し込むタイミングを、見計らってるところ。 自分の思い…